中国大学生訪日団第14陣16名が本学を訪問

9月19日に青少年交流事業「JENESYS2.0」の一環として、中国大学生訪日団第14陣の16名が本学を訪問し、中野キャンパス施設の見学ツアー、マイブリッジシアターでの学生作品上映等を行いました。
また、大学院研究科所属で、北京電影学院OGの王星晨さんによる本学留学体験談などを通し、アニメーション学科学生との交流もあり、「日本で知り合った友人と今後も連絡を続けたい」「今回の訪日で学んだことや体験したことを、中国の家族や友人に伝えたい」等の感想がきかれました。
また本学の学生たちからも、「アニメーションという共通の関心事があることで、言葉の壁を越えて交流できた」とか、 「彼らがとても強い熱意としっかりとした考え方を持っていることに刺激を受けた」等の感想がありました。短い時間では ありましたが、忘れがたい素晴らしい交流の場になりました。

2014年10月10日