本学学生制作のアニメーション作品がNHKで放映されます

アジア太平洋放送連合(ABU)が実施する「ABUデジスタ・ティーンズ」は、デジタル映像作品制作を通じた各国の若者によるデジタル映像作品制作を応援 するプロジェクトの一環として行われていますが、このたび7月に開催された「ABUデジスタ・ティーンズ2014」ワークショップにおいて、本学芸術学部 アニメーション学科3年の学生が参加するチームが日本代表チャレンジャー候補となり、同チームが制作した作品が来る11月3日(月)にNHKEテレで放映 されることとなりました。放映される本学学生参加作品は、2Dアニメコース「イヨすたぢお」(代表:アニメーション学科3年 伊豫 遼太郎さん)の制作し た「みらいミラー」とこま撮りアニメコース「チームNOY組」(代表:アニメーション学科3年 堀江 毬愛さん)が制作した「Dream in the ponpon」です。番組内では本学中野キャンパスの新しい専門施設を使用しての作品制作の過程も紹介されますので、こちらも是非お楽しみください。
審査員の投票により日本代表チャレンジャーを選出し、選ばれたチームは12月にタイのバンコクで開催される「第4回ABUデジスタ・ティーンズ」国際映像フェスティバル」に派遣されることとなります。
作品とあわせ、日本代表チャレンジャー候補として作品制作に取り組んだ学生の姿をぜひご覧ください。

●「ABUデジスタ・ティーンズ2014 ~日本代表の栄冠は誰の手に(仮)」
 11月3日(月)午前9時20分~ NHKEテレ
 http://www.nhk.or.jp/abu-digista/d_challenger.html