【中野C展示】 デザイン学科 編集&デザイン研究室 3年生・前期課題作品展 「SPRING/SUMMER WORKS 2014」 (12/3~12/18)

編集&デザイン 研究室の3年には22名の学生が所属していますが、研究生1名をあわせ、23名が前期課題に取り組みました。

テーマは、
A. 思い出または自分の20年を編集する
B. トランスフォーム

この2テーマからの選択で、いずれも「制作する対象物・メディアは自身のアイデアに必要なカタチをとる」としています。2会場での同時開催ですが、1号館「インフォメーションスペース」は、テーマAに取り組んだ女子学生4名の作品を展示しています。思い出という極めて個人的なテーマでありながら、第三者の関心の対象となる表現を模索するという課題です。また、照沼研究室の3年前期は、“走り込み”の時期でもあります。ここで蓄えた“体力”が、その後に重要です。3年生の前期2ヶ月半の制作物とは思えない大作の数々をご覧ください。

※開催時期・スペースの関係で全学生の作品実物はありませんが、PCスライドショーで23名全員の作品をショーイングしています。

開催概要
開催日時 2014年12月3日(水)~12月18日(木)
会場 東京工芸大学 中野キャンパス
1号館インフォメーションスペース+3号館ラウンジ(2会場同時開催)

※平成26年度芸術学部大学公開企画

1号館インフォメーションスペース
1号館インフォメーションスペース
3号館ラウンジ
3号館ラウンジ