芸術学研究科メディアアート専攻(インタラクティブメディア領域) 博士前期課程1年の三上航平さんの作品「i Map Sound」がISCA2014で優秀賞を受賞

11月21日にグランフロント大阪ナレッジシアターで行われたINTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD 2014にて、芸術学研究科メディアアート専攻(インタラクティブメディア領域) 博士前期課程1年の三上航平さんの作品「i Map Sound」が、モバイルアプリ部門にて見事、優秀賞を獲得しました。

「i Map Sound」はサウンドスケープ(音風景)を収集し、地図上で共有するアプリケーションです。「i Map Sound」はユーザーの居る場の環境音を取得し、マップ上に記録した音と位置情報をアーカイブします。また、アーカイブされた音や位置情報は、他ユーザーと共有できます。ユーザーの周囲にある建物をキーワード検索し、該当した建物の方角を向くと距離に応じた音量で、検索した施設の環境音が鳴ります。都市の「音風景」を感じることができる、優れたモバイルアプリケーションです。

INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD 2014は、日本のみならず、海外の芸術系、情報メディア系の大学や大学院、また専門学校の学生を対象にした国際的なアワードで、著名な審査員を数多く迎え、そのイベントの様子はニコニコ生放送で中継されました。

関連リンク
2014年12月5日