工学部建築学科 建築構造I研究室が「あつぎ科学フェスタ」に参加しました

2014年12月21日(日)、厚木シティプラザにおいて、あつぎ科学フェスタが開催され、工学部建築学科の建築構造I研究室が参加しました。

このイベントは、神奈川県立厚木高等学校が主催し、同校の推進するスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業の一環として執り行われるもので、今回が初めての試みとなります。厚木市内、近隣の小・中学生が実験体験やサイエンスショーに参加し、楽しみながら科学に触れる良い機会となりました。

東京工芸大学からは、文部科学省 共同利用・共同研究拠点に認定されている風工学研究センターの義江龍一郎センター長、松井正宏教授が研究室の学生と共に参加し、竜巻状の気流を参加者が自由に作ってその結果を画像としてまとめる体験ブースを提供しました。参加者は学生の説明を受けて自由に竜巻の流れを作り、可視化した映像をまとめました。

関連リンク
「あつぎ科学フェスタ」会場の様子
「あつぎ科学フェスタ」会場の様子
参加者自らの設定で作った竜巻
参加者自らの設定で作った竜巻
実験の対応に当たった学生諸君
実験の対応に当たった学生諸君
2014年12月25日