東北の被災校を支援する「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト 2015」で映像学科3年の本田 葵さんがCG-ARTS賞を受賞

株式会社 博報堂アイ・スタジオ 主催の「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト 2015」で、映像学科3年 本田 葵さんの作品「Wonderful sheep !」がCG-ARTS賞を受賞しました。

「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト 2015」は、全国の学生が作った年賀状デザインが、東日本大震災被災地の子ども達を支援する取組みで、応募された作品の中から優秀作品100点を「チャリティー年賀状」として商品化、Webで年賀状の作成から宛名書き、投函までできる「ネットで年賀状」にて販売されます。「チャリティー年賀状」は、1枚ご購入いただくごとに支援金として10円を、博報堂アイ・スタジオよりネットショッピングで被災校支援をしている一般社団法人ウェブベルマーク協会へ寄附され、被災地にある小中学校に必要な備品、設備、教材などの購入に充てられます。

今年は全国30校からこれまでの応募数の倍を越える461作品の応募があり、その中から見事 本田さんの作品「Wonderful sheep !」が、CG-ARTS賞を受賞しました。
『細々とした小物と色の使い方を注意しながら制作しました。シンプルでありながら、目を引くようなデザインを目指しました。』と語る、本田さん。

関連リンク
2015年3月3日