大学連携による映画人育成のための上映会「 S.T.E.P.」(映像学科 学生作品上映 3/15~3/20)

文化庁と日本大学主催による文化庁委託事業「平成26年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」 大学連携による映画人育成のための上映会『S.T.E.P.』で、映像学科4年 富田 洋史さんの作品「ふたり、ふたつの再見」が上映されます。

『S.T.E.P.』は、日本国内の映画教育に携わる大学と大学院が設立した全国映画教育協議会の参加校の作品を中心に上映する若手映画人の育成を目的とした上映会です。

ぜひ、次代の映画界を背負って立つ学生たちの作品をご覧ください。

ふたり、ふたつの再見

監督・脚本 富田 洋史
上映時間: 37分
ジャンル: ドラマ

あらすじ
高校生の畑山 優太(16)は代わり映えのしない毎日を退屈に思い、
なんにでも理由を付けたがる大人に嫌悪感を感じていた。
そんなある日に優太は家の納屋で8ミリフィルムカメラをみつける。
優太のクラスメートである橘 美優(16)も、大人への嫌悪感を抱いており
共通の思いを持った二人は、8ミリフィルムカメラをきっかけに距離が縮まっていく。

しかし、美優は親の転勤で中国に引越をすることが決まっていた。
美優は8ミリフィルムを使い優太と最後の思い出をつくりをするが引越しの日は迫ってくる。
美優は優太に中国語で再見(さよなら)と伝えて、そのまま転校する。

残された優太は、映像を作ることをやめてしまうが、
ある日、再見のもう一つの意味を知る。

開催概要

開催期間 2015年3月15日(日)~3月20日(金)
全日10時30分開始予定 入場料無料
会 場 K’s cinema
東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F
主 催 文化庁、日本大学
協 賛 全国映画教育協議会、一般社団法人日本映画テレビ技術協会
協 力 K’s cinema、アークエンタテインメント株式会社