本学学生が「鎌倉市まちづくりプランコンテスト」の運営に協力しています

このたび、鎌倉市まちづくりプランコンテスト実行委員会が主催する「第1回 鎌倉市まちづくりプランコンテスト」に、本学芸術学部の学生が運営に協力することとなりました。
これは、鎌倉市で昨年3月に開催された「江ノ電沿線展」に本学芸術学部マンガ学科が参加し、同展の企画の一つとして行われた「鎌倉市・松尾市長と大学生70人の討論会」に参加した大学生の中から発展した企画として、今回のプランコンテスト開催となったものです。コンテスト実行委員長はマンガ学科4年次生の林 友紀さんが務めています。林さんも、「江ノ電沿線展」への参加をきっかけとして、鎌倉市の地域活性化に関わるようになり、今回の大役を務めることになりました。
まちづくりプランコンテストの第1回のテーマは「鎌倉みやげ・鎌倉観光・鎌倉アート」で、大学生、大学院生及び専門学校生のチーム(3名まで)で募集され、決勝へ進むチームも選出されました。決勝大会は3月15日(日)鎌倉商工会議所ホールで開催します。ぜひお越しください。

鎌倉市まちづくりプランコンテスト