【芸術学部フェスタ】トークセッション 勝倉崚太× 野口靖「記憶とアーカイブ」(7/7)

日時 2015年7月7日(火)
18:30~20:00
会場 2号館地下1階 プレイス ※入場無料
勝倉崚太  写真学科

東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。同大学院芸術学研究科博士前期課程修了。芸術学修士。 2003年頃より雑誌、主に人物と料理の撮影を中心として活動しながら、作品制作を行う。 展覧会に「東京音頭」新宿ニコンサロン(2001年) 「おはよう日本」Photo Gallery International(2009年) 「ニッポン小唄」Photo Gallery International(2013)。 清里フォトアートミュージアムに作品収蔵。

野口靖  インタラクティブメディア学科

武蔵野美術大学助手を経て渡米。2003年 ニューヨーク大学大学院修了。 文化庁芸術家在外研修員。 2004年 ポーラ美術振興財団在外研修生としてニューヨークにて活動。 現在、日本を中心とした作家活動および東京工芸大学にて教鞭をとる。 2008年 SIGGRAPH Asia 2008出展 2009年 アルス・エレクトロニカ Honorary Mention選出 2013年 第5回恵比寿映像祭出展

芸術学部フェスタ

東京工芸大学芸術学部は、写真・映像・デザイン・インタラクティブメディア・アニメーション・マンガ・ゲームと基礎教育の各専門分野を主体に、「メディア芸術」を教育・研究しています。本展では、教員が制作した様々な専門分野の作品を中野キャンパスで展示・発表します。 ぜひこの機会に、東京工芸大学がつくる「メディア芸術」の世界を体験してください。