東京工芸大学連携最先端技術研究センターが太陽光発電協会が主催する「PVJapan2015」に出展

東京工芸大学連携最先端技術研究センターが太陽光発電協会が主催する「PVJapan2015」に出展します。「PVJapan2015」は太陽光発電に関する総合イベントとなっています。是非ご来場ください。

日時 2015年7月29日(水)~7月31日(金)
場所 東京ビックサイト西展示場
出展 東京工芸大学連携最先端技術研究センター
出展情報 電流リンク形太陽光発電システム
出展製品 ・電流リンク形太陽光発電システムの提案及び実測結果。
・試作したMIC(Module Integrated Converter, モジュール集積コンバータ)及びCSI(Current Source Inverter, 電流形インバータ)の展示。
出展内容 電流リンク形太陽光発電システムは、太陽光発電システムの部分影の問題を解決し、電力効率を最大化するシステムの構築を目的としています。現在市販されているパワーオプティマイザは、全て、電圧形インバータに接続することが想定されており、言わば、電圧リンク方式を採用しています。しかし、この構成には、電解コンデンサによる信頼性の問題とMIC(Module Integrated Converter, モジュール集積コンバータ)が複雑になるという問題があります。本研究の提案構成は、PCS(Power Conditioning System, パワーコンディショナ)を電流形インバータで構成し(SiCを使用)、電流リンク方式を実現することで、シンプルかつ信頼性の高い太陽光発電システムが可能になります。本研究はJSPS科研費15K05957の助成を受けたものです。