文化庁「平成27年度メディア芸術連携促進事業」に採択

本学の研究事業が採択されました。

事業名
アーケード・家庭用ゲームを対象とする事例研究を通じた保存・活用方法構築のための調査事業

実施教員
全体統括  芸術学部ゲーム学科 教授  岩 谷    徹
事業担当者 芸術学部ゲーム学科 助教  山 口  義 英

実施期間
平成27年8月10日(月)~平成28年2月29日(月)

事業内容
(1)ゲーム保存方法の実践的調査
(2)所蔵物の活用に関する調査
(3)ゲーム保存体制に関する検討

事業協業先
アーケードゲーム博物館計画、株式会社コラボ、一般社団法人日本アミューズメントマシン協会、立命館大学ゲーム研究センター (順不同)

<メディア芸術連携促進事業>とは
 この事業は、マンガ、アニメーション、ゲームおよびメディアアートに渡るメディア芸術分野において必要とされる連携共同事業等(新領域創出、調査研究等)について、分野・領域を横断した産・学・館(官)の連携・協力により実施することで、恒常的にメディア芸術分野の文化資源の運用・展開を図ることを目的として、平成27年度から開始された事業です。
 「マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアート産学官民コンソーシアム」と「学校法人京都精華大学」が共同で運営する「メディア芸術コンソーシアムJV事務局」が、文化庁より、この事業にかかる業務(本プロジェクト)を実施する団体として、採択を受けています。

▽文化庁ホームページ
「平成27年度メディア芸術連携促進事業 連携共同事業」の採択結果
2015年8月20日