ゲーム学科 岩谷徹教授が「CEDEC AWARDS 2015 特別賞」を 受賞しました。

ゲーム学科 岩谷徹教授が,日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2015」(CEDEC=セデック)会場内で8月27日に開催された「CEDEC AWARDS」で,「CEDEC AWARDS 2015特別賞」を受賞しました。

(特別賞受賞理由)
『パックマン』はアーケードゲームの黎明期において、当時社会現象ともいえる一大ブームを巻き起こした。その人気ぶりは、我が国にとどまらず世界中に広がり、今なおプレイされているだけではなく、映画、アニメなどでもモチーフに使われるなど、幅広い世代に愛されている。まさに、今日に続くゲーム業界の礎を築いた。
~CEDEC運営委員会発表~

CEDEC2015公式サイト
2015年8月28日