アニメーションの世界/才田俊次 「セロ弾きのゴーシュ」展

総合芸術であるアニメーション表現を広く知ってもらうためのアニメーション学科の展示企画です。今回は宮沢賢治の有名なお話を原作とするアニメーション作品「セロ弾きのゴーシュ」を取り上げ、その魅力に迫ります。

本作品は3月で退職された元アニメーション学科教授(現在は非常勤講師)才田俊次先生がキャラクターデザインと原画を担当して沢山のアニメーションの動きを描くなど中心的な役割を担われました。また、スタジオジブリ高畑勲氏か?監督・脚本を担当し、その芸術性から高く評価されている名作アニメーションです。
映像だけでなく実際に使われた素材の数々を間近に見てもらう事で、アニメーションのその豊かな表現と無限の可能性を知って頂く事か?出来ると思われます。

原画、動画、美術背景など多数揃え、本年7月に東京・丸善丸の内本店で開催され大好評だった展覧会に次ぐ、本格的で貴重な展示内容となります。
是非ご覧ください。

企画協力・アニドウ、オープロダクション
「セロ弾きのゴーシュ」
公開1982年1月23日(配給:オープロダクション)
日本映画/オープロダクション作品 スタンダード
/カラー/モノラル/1時間3分 1981年度毎日映画コンクール大藤賞受賞
主要スタッフ 企画:小松原一男・米川功真/製作:村田耕一/原作:宮沢賢治/音楽:間宮芳生
キャラクターデザイン・原画:才田俊次
制作進行:吉田健二/美術:椋尾 篁/撮影監督:岡芹利明/編集:杉山圭子
題字:宮沢清六
挿入歌:「星めぐりの歌」
作詞・作曲:宮沢賢治 歌:児童合唱団トマト
「交響曲第六番ヘ長調」 間宮芳夫 指揮 東京室内楽協会 岩城宏之 指揮 NHK交響楽団
「インドの虎狩り」「愉快な馬車屋」他 チェロ独奏 矢島光雄 企画・制作:オープロダクション

アニメーションの世界/才田俊次 「セロ弾きのゴーシュ」展

会 期 2015年11月14日(土)~12月4日(金)
時 間 9:00~21:00開場、時間外と日祭日は施錠予定
(ガラス張りの会場のため、外からご覧頂く事も可能です。)
会 場 東京工芸大学 中野キャンパス 2号館メディアラウンジ
164-8678東京都中野区本町2-9-5
入場無料