【中野C展示】籏野康弘 三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生活動報告展開催

東京工芸大学大学院芸術学研究科博士後期課程メディアアート専攻  籏野 康弘 三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生活動報告展が以下のとおり開催されています。

会期 2015年12月8日(火)~12月25日(金)
※開始・終了日は搬入出作業
会場 東京工芸大学中野キャンパス 2号館1Fメディアラウンジ
展示内容
自画像、あるいは長く描き続けている似顔絵を通してはぐくんできた人間の顔、表情をテーマとした絵画作品の展示。三菱商事アート・ゲート・プログラムのオークションにて出品された作品のパネル展示や、今回の展示のために描きおろした新作の展示も行っています。昨今の日本では「コミュニケーション能力」や「空気を読む」という言葉が示すように、相手に対して積極的に配慮する文化が根付いています。ここでは、彼らがどんな人なのか。どんな表情をしているのか。どれが目で、どれが鼻か。あるいは、人の顔に見えなくとも。相手に対して、何を考えても構いません。あなたなら、彼らからどんな感情を読み取るでしょうか。どんな顔をした人に見えるでしょうか。