電子機械学科のロボットビジョン研究室が「Robotics×Future2016」でデモ展示

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の大学発新産業創出プログラム、技術シーズ選抜育成プロジェクト〔ロボティクス分野〕の成果発表の場として、ベルサール汐留において、採択された全18テーマの展示「Robotics×Future2016」が開催されました。1000人を超す来場者が各採択プロジェクトのブースで説明を聞き、活発な技術交流を行いました。ロボットビジョン研究室は、サッカーロボット駆動部を技術シーズとして、下記のテーマで上記プロジェクトに採択されています。
プロジェクト「新産業用ロボットのための全方向移動プラットフォーム」
関連記事