写真プリントセミナー(主催:日本写真芸術学会)が開催されます

写真学科の吉田教授が実行委員長、田中教授・上田准教授が実行委員として運営に参加している「写真プリントセミナー~新しいプリント時代の到来のために~」が、11月25日(金)中野キャンパス芸術情報館メインホールで開催されます。
このセミナーは、日本写真芸術学会創立25周年記念イベントとして企画されたもので「写真のプリント」がテーマになっています。ギャラリー等でのプリント展示、インスタレーション、プロジェクターやディスプレイを利用した上映、雑誌・写真集等の印刷媒体、ウェブサイトの利用等、現在の写真表現は多様化しています。こうした時代的な変化の中で、写真にとって最も基本的かつ写真作品の根源ともいうべき「プリント」を軸に、写真表現の今後について写真家、美術館学芸員、ギャラリー、ラボ、カメラメーカー等、様々な立場の講演者を招聘し、様々な観点から語って頂きます。
是非ご参加ください。
日 時 2016年11月25日(金) 9:50~17:50(9:30受付開始)
会 場 東京工芸大学中野キャンパス 芸術情報館メインホール
セミナー参加費 日本写真芸術学会会員:1,000円
一般:2,000円
学生:無料(メールにて事前登録してください。jsahp@nihon-u.ac.jp)
  • 申込締切日を過ぎていますが、まだ定員に達していませんので申込可能です。
  • 申込方法、その他詳細は学会事務局(電話:03-5995-8858または上記メール)までお問い合わせ頂くか、下記URLよりセミナープログラムをご確認ください。
  • 詳細はこちら http://www.jsahp.org/information/2016-25shunenkinen.pdf