「ライフイノベーション新技術説明会」において本学教員が技術移転の期待できる研究を発表します(8/24)

「ライフイノベーション新技術説明会」において、本学教員が技術移転の期待できる研究を発表します。

説明会 ライフイノベーション 新技術説明会
日 時 2017年8月24日(木) 12:55~16:00 
場 所 JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)
主催者 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 
タマティーエルオー株式会社 〔承認TLO〕
発表者 東京工芸大学工学部  コンピュータ応用学科 准教授 行谷 時男
(発表時間15:00~15:25)
発表内容 分子スペクトルを用いたレーザー用光周波数較正方法

新技術説明会は、大学等の公的研究機関から生まれた研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、タマティーエルオー株式会社〔承認TLO〕が産と学の出会いの場をセッティングし、各研究機関はこの場で出会った産と学をマッチングへと導きます。

(教育研究支援課)