2018 フォックス・タルボット賞 入賞写真展 ( 2/23(金)〜 3/11(日))

 フォックス・タルボット賞は、写真表現に情熱を傾ける若い人々の奨励と、新たなる写真家への登竜門として、1979 年東京工芸大学短期大学部に設けられ、今回で第39回を迎えることとなりました。
 本賞は、ネガ・ポジ・プロセスの発明者で近代写真術の父、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット氏(英・William Henry Fox Talbot 1800~1877)の偉業をたたえ、イギリスのフォックス・タルボット美術館のご協力を得て、氏の名前を冠した賞となっています。
 応募の対象は本学学生および卒業後12年までの若い卒業生とし、本賞受賞作品は写大ギャラリーコレクションとして永久保存されます。
 5人の審査委員-田沼武能、細江英公、中谷吉隆、立木義浩、小林紀晴の先生方による厳正なる審査の結果、下記の通り入賞作品が決定いたしました。
 写真家を志す、若い才能の表現をご高覧いただけたらと存じます。

2018 フォックス・タルボット賞 入賞者

作品名 受賞者
第一席 釜ヶ崎ものがたり 松村 誠也(芸術学部写真学科4年)
第二席 遙かなる彼岸 栗田 洸洋(芸術学部写真学科4年)
第三席 君の街まで 神田 萌野(芸術学部写真学科4年)
佳作 Booooooooom! 建部 隼人(芸術学部写真学科4年)
佳作 僕が僕であるために 浅野 吏(芸術学部写真学科4年)
佳作 街角レゾナンス 原部 賢治(芸術学部写真学科3年)
佳作 幸せをカタチに 森野 牧(芸術学部写真学科4年)
佳作 マキオ 岩佐 真依(芸術学部写真学科4年)
モノクロ賞 Bolero/美しさと儚さの15分 林 真奈(芸術学部写真学科4年)


展覧会概要

会期 2018年2月23日(金) ~ 2018年3月11日(日)  10:00 ~ 20:00
会期中無休・入場無料
会場 東京工芸大学 芸術情報館1F ギャラリーG102
〒164-8678 東京都中野区本町2-4-7 芸術情報館
TEL 03-3372-1321 (代)
地下鉄丸ノ内線/大江戸線 中野坂上駅下車 1番出口・徒歩7分
展示作品 モノクロ/カラー写真作品 75点
主催 東京工芸大学 芸術学部