コンピュータ応用学科の大保 武慶助教がシステム制御情報学会「産業技術賞」を受賞しました

コンピュータ応用学科の大保 武慶助教が、学術論文「超高感度振動センサを用いた浴槽内における生体情報計測システム」でシステム制御情報学会の2018年度「産業技術賞」を受賞しました。
システム制御情報学会学会賞「産業技術賞」は、実用の可能性が大きく産業技術の進展に大きな貢献が認められる論文の著者に贈られるものです。

受賞論文「超高感度振動センサを用いた浴槽内における生体情報計測システム」
システム制御情報学会論文誌, 第30巻, 第7号, pp.263-272(2017)