コンピュータ応用学科 宇田川 佳久教授がALLDATA 2018国際会議で最優秀論文賞を受賞しました

2018年4月22日~26日にギリシア・アテネ市で開催されたIARIA(IEEE)主催の ALLDATA 2018国際会議(The Fourth International Conference on Big Data, Small Data, Linked Data and Open Data)の最優秀論文賞を、本学工学部コンピュータ応用学科の宇田川 佳久教授が受賞しました。
受賞論文は、過去の株価変動から将来の株価変動を予測する方法について論じたもので、発表前から海外の研究者から関心が寄せられていた。
宇田川教授は、5月にも、関連するテーマで電子情報通信学会SWIM研究会より年間優秀論文賞を受賞している。これらの研究は、JSPS科研費 基盤研究(C)一般 JP16K00161 の助成を受けたものです。