「ライフイノベーション新技術説明会」において本学名誉教授が技術移転の期待できる研究を発表(2018/9/6)

「ライフイノベーション新技術説明会」において、本学名誉教授が技術移転の期待できる研究を発表します。

説明会 ライフイノベーション 新技術説明会
日 時 2018年9月6日(木)12:55~15:55(12:25開場)
場 所 JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)
主催者 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
タマティーエルオー株式会社〔承認TLO〕
発表者 東京工芸大学 名誉教授 星 陽一
(発表時間13:30~13:55)
発表内容 有機ELディスプレイの作製プロセスを革新する上部電極膜作製のための低ダメージスパッタ成膜プロセス技術


新技術説明会は、大学等の公的研究機関から生まれた研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、タマティーエルオー株式会社〔承認TLO〕が産と学の出会いの場をセッティングし、各研究機関はこの場で出会った産と学をマッチングへと導きます。

(教育研究支援課)