「イノベーション・ジャパン2019 ~大学見本市&ビジネスマッチング~」へ出展しました

2019年8月29日(木)と8月30日(金)の両日、イノベーション ジャパン2019 ~大学見本市&ビジネスマッチング~ (東京ビッグサイト青梅展示棟Bホール)が開催されました。

このイベントは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の主催によるもので、全国500を超える大学・研究室が新技術を社会に披瀝する、大学の見本市としては国内最大のものです。日本の大学の有する「知」が2日間に亘って展示されました。
本学工学部からはJSTによる厳正な審査を経て1分野での出展がありました。
「マテリアル・リサイクル分野」で、工学科・化学/材料コースの平岡一幸教授により「外場応答により変形を制御できる液晶ゴム」を出展しました。
側鎖メソゲンとしてコレステロール誘導体を導入した側鎖型液晶エラストマーを用い、1kV/mmの電界印加により極性のあるΔx = ±0.15 mm程度のイルカの尾のようなx方向の曲り変形機能を持つ材料を開発しました。また主鎖型液晶エラストマーを応力下で架橋することで、5倍の自発的・可逆的な伸縮機能を持つ材料を開発しました。会期中170名以上の見学者が訪れ、この技術の可能性について、説明を行いました。平岡教授と、研究室の4年生5名が説明にあたりましたが、来場者が多くてんてこまいの様相でした。企業からの見学者も多く、今後の共同研究につながることが大学の喜びです。