TPU映像制作サークルがオムニバス映画「突然失礼致します!」に作品を出品、上映が決定

作品名:「letter 」 制作:渡邉幸朔、中井川紗波
作品名:「victim」 制作:UBI
作品名:「明日何したい?」 制作:山下璃乃

 TPU映像制作サークルの、渡邉幸朔さんと中井川紗波さん制作の「letter」と、UBIさん制作の「victim」、山下璃乃さん制作の「明日何したい?」が、オムニバス映画「突然失礼致します!」に参加しています。
 TPU映像制作サークルからは4作品が出品され、その内の3作品は、2021年1月16日(土)から群馬県の高崎電気館(高崎市地域活性化センター)や2021年3月30日(火)には、東京都のアテネ・フランセ文化センターで上映予定です。
 この映画は、全国約120の大学クラブ・サークル所属の学生が作成したオムニバス映画で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で課外活動の自粛が余儀なくされる中「『三つの密』を避ける」という条件のもと撮影されました。実写映像からCGを活用したもの、アニメーションやメディアアートに至るまで、監督ごとに様々な表現技法を駆使した特色ある映像が勢揃いし、学生監督たちの技術と個性が光る作品群となっています。
 劇場公開用特別再編集版に選び抜かれた66作品の詳細は こちら をご覧ください。