第42回 2021 フォックス・タルボット賞 受賞作品発表

 多数のご応募をいただきました「2021フォックス・タルボット賞」ですが、厳正なる審査の結果、受賞作品が決定しました。受賞された皆様には個別に通知を送らせていただいております。誠におめでとうございます。

第一席 人里の翅音 森 遍 芸術学部
写真学科4年
第二席 Noiseless Tokyo 所 直輝 芸術学部
写真学科4年
第三席 ひとり、ふたり、みたり 齋藤 諭美 芸術学部
写真学科4年
佳作 足を認める 佐藤 里菜 芸術学部
写真学科4年
佳作 UNNATURAL 與川 拓海 芸術学部
写真学科4年
佳作 石倉画伯の絵画旅行 石倉 侑 芸術学部
写真学科4年
佳作 残煙 蓮見 航平 芸術学部
写真学科4年
佳作 2つの生活 山本 美香 芸術学部
写真学科4年
モノクロ賞 滲み出る感覚と気配 葉若 まりな 芸術学部
写真学科4年

 審査委員 田沼武能(委員長) 細江英公 中谷吉隆 立木義浩 小林紀晴

 上記の通り 第42回 2021 フォックス・タルボット賞の審査結果を発表します。

2021年2月5日
東京工芸大学 学長
吉野 弘章

東京工芸大学芸術学部
フォックス・タルボット賞運営委員長
田中 仁