小林紀晴教授の初監督映画「トオイと正人」が東京ドキュメンタリー映画祭2021に入賞、上映されます

 写真学科小林教授が初監督(脚本・撮影・制作)した映画「トオイと正人」が「東京ドキュメンタリー映画祭2021」に入賞し、12月15日に新宿K's cinemaで11:50から上映されます。舞台挨拶も予定しています。

https://tdff-neoneo.com/

 旧残留日本兵の父とベトナム系タイ人の母との間にタイに生まれた「トオイ」は、8歳の時に日本に渡り「正人」と呼ばれるようになった。その後、写真家を志した28歳の「正人」は、タイのバンコクへ、生まれ故郷のウドンタニへ旅に出る。 やがて、「正人」のになかに眠っていた「トオイ」が、静かに目を覚ます。さらに父の記憶を追ってメコン川を渡る。

瀬戸正人の著作『トオイと正人』を映画化。タイ、ラオス、福島でロケを敢行。
写真家・小林紀晴による第一回監督作品。