新型コロナウイルス感染症への本学の対応について【2022年2月7日更新】

このたびの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大をうけ、以下のとおり対応します。

学長メッセージ

◆2022年度の授業実施方針について 学生及び保護者の皆様へ(2022年1月31日更新)

学生の皆様
保護者の皆様

 2022年度の授業実施方針についてお知らせいたします。

 新型コロナウイルス感染症の影響は予想をはるかに上回る長期間となり、社会生活の様々な面に大きな制限を与えています。そのような状況の中、本学では教育効果と感染防止対策を考慮し、面接授業と遠隔授業を適宜併用しながら授業を実施してまいりました。 

 幸い本学では、これまでに学内でのクラスター等の重大な感染は発生しておらず、1月をもって2021年度の授業を終了することができました。これもひとえに学生の皆さんと保護者の皆様のご理解とご協力によるものですので、ここにあらためて感謝を申し上げます。

 昨年秋には一時的に国内の感染者数が減少したものの、年が明けて新たな変異株による感染が急拡大しています。現時点においては、今後の新型コロナウイルス感染症の行方を見通すことは難しいところですが、2022年度の当初から大学が以前の状態に戻ることは困難であると推察されます。そのような状況においても、学生の皆さんと教職員の健康と安全を第一としながら、大学としての役割を最大限に果たしていくことが重要であると考えています。

 2022年度の授業は、これまでと同様に感染防止対策を十分に講じ、キャンパスでの面接授業を基本としながら、社会情勢を踏まえて、授業内容や教室収容人数の制限等により、安全対策が必要と本学が判断する科目については、遠隔授業も併せて実施いたします。本学では、次年度も引き続き学生の皆さんが安心して学修できる環境と、充実した学生生活を提供できるよう努めてまいります。

 学生の皆さんは春休みを迎え、たくさんの計画があることと思います。せっかくですから、学期中にはできない活動や学習に積極的に取り組んでいただきたいと思いますが、その際には、ご自身はもとより、ご家族、ご友人など、周りの方々の安全を守るため、くれぐれも節度ある適切な行動をとるよう心がけてください。

 また新年度に向けて、学生生活や授業、友人関係などに不安や心配を抱えている学生も多いと思います。そのような場合には、一人で悩むことなく、ぜひ身近な教職員や、健康管理センター(厚木)・保健センター(中野)まで、遠慮なく相談してください。

 最後になりましたが、一刻も早いコロナウイルス感染症の収束と、皆様のご健康を心より願っています。

学長 吉野 弘章


※ 各学部の授業の詳細については、在学生の皆さんには大学ポータルサイトのコウゲイ.netを通じてお知らせいたします。
 また、4月から本学への入学が決まっている新入生の皆さんには別途郵送にてお知らせいたします。


新型コロナウイルス感染者の発生について

行事について