受託・共同研究の流れ 大学の活動

受託または共同研究をお考えの方へ

東京工芸大学では社会貢献活動の一環として、受託研究や共同研究を推進しております。本学に研究を委託したい、あるいは共同研究をしたいとお考えの方、または本学教員と組織的な連携等についてご関心のある方は、下記の「受託・共同研究の流れ」をご参考にまずはご一報をお願い致します。

受託または共同研究に至るまで

まずはご相談から

概要や研究者名など、ご要望をおまとめいただき、申し込みフォームもしくはメールにてご相談ください。 本学教員の研究(制作)活動については、「研究・制作業績システム」から「キーワード研究」が可能です。また、特許情報については知的財産管理をごらんください。

研究者のご紹介

特定の教員がいない場合には、ご相談内容に適した研究者を学内で探し、ご紹介させていただきます。

研究者との打ち合わせ

研究者の決定後、本学におこしいただき、打ち合わせに入ります。

研究申込書のご提出

研究内容がまとまりましたら「研究申込書」をご提出ください。

契約書の確認・契約締結

本学では、契約書の(ひな型)を用意しております。貴機関「ひな型」にて契約をご希望の場合はお知らせください。

研究費の振込

契約締結後、請求書を発行いたします。
指定の銀行口座へお振込をお願いします。