編入学試験 入試情報

関連書類

募集人員・編入年次

編入
年次
写真学科 映像学科 デザイン
学科
インタラクティブ
メディア学科
アニメーション
学科
ゲーム学科 マンガ学科
3 若干名 募集なし 若干名 若干名 若干名 若干名 若干名

年度初めは4月とする。

出願資格

3年次編入:次のいずれかの条件を満たす人

  1. 受験を希望する学科と同系統の大学を卒業した人および2018年3月に卒業見込みの人
  2. 受験を希望する学科と同系統の短期大学または高等専門学校を卒業した人および2018年3月に卒業見込みの人
  3. 2018年3月31日現在で受験を希望する学科と同系統の大学に2年以上(休学期間を除く)在学し、62単位以上の単位を修得し退学した人および修得・退学見込みの人
  4. 受験を希望する学科と同系統の専修学校の専門課程で文部科学大臣の定める基準を満たし修了した人および2018年3月に修了見込みの人
    ※文部科学大臣の定める基準とは、専門士の称号の付与が認められた専門課程で、修業年限が2年以上、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上であること
  5. 外国において、受験を希望する学科と同系統の15年ないし16年の課程を修了した人および2018年3月に修了見込みの人

留学生については、さらに次の資格に該当することが必要です。

  1. 日本語能力試験(JLPT)N2以上に合格している人、または過去2年以内の日本留学試験(EJU)の日本語(読解、聴解、聴読解)の得点が240点以上の人

各学科で出願資格を満たす同系統の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程は学生募集要項の別表のとおりです。
別表の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程に該当しない場合及び出願資格5に該当する人は、必ず事前の入学資格審査を申請してください。

入学資格審査

本学部では、受験を希望する学科における専門分野の知識と技術の習得に向けた教育を1年次からクサビ型カリキュラムとして実施しているため、3年次編入学においては同系統の学科での学修歴を出願資格で求めています。
各学科で出願資格を満たす同系統の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程は学生募集要項の別表のとおりです。
別表の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程に該当しない場合及び出願資格5に該当する人は、必ず事前の入学資格審査を申請してください。

申請期間
[締切日消印有効]
結果発表日 申請方法
2017年
9月1日(金)~9月7日(木)
10月6日(金) 学生募集要項を参照し、提出書類一式を申請期間内(締切日消印有効)に速達・簡易書留で郵送してください。窓口受付は行いません。
審査結果は結果発表日に郵送します(到着は結果発表日の翌日以降となります)。
審査の結果、入学資格が認定された人は学生募集要項にしたがって出願してください。
※3年次への入学資格が認められなかった場合、2年次への出願資格を満たしていれば2年次編入へ出願することができます。

入試日程

出願期間[締切日消印有効] 試験日 合格発表日 入学手続締切日
2017年
10月13日(金)~10月19日(木)
11月18日(土) 11月24日(金) 12月15日(金)

試験場

中野キャンパス [地図](全学科共通)

試験時間

学科 専門科目 面接
全学科 9:30~11:00(90分) 12:00~ ※1人20分程度

試験場開場時刻は試験開始時刻の1時間前です。 試験開始15分前までに集合し、指定の座席に着席してください。

選考方法・配点

学科 エントリーシート 課題 専門科目 面接 満点
全学科 100点 200点 100点 100点 500点

エントリーシート

出願学科のテーマにしたがって、表現してください。

学科 テーマ
A欄 全学科 あなたが本学科を志望する理由と入学後の抱負について記述してください。
B欄 写真学科 「写真と自分」について400 字程度で記述し、残りのスペースを使って自由に表現してください。
映像学科 募集なし
デザイン学科 「デザインと自分」について、「グラフィックデザイン領域」「イラストレーション領域」「映像情報デザイン領域」「空間プロダクトデザイン領域」の4領域から、希望する1領域を選択して、自由に表現してください。
各領域の詳細については、こちらを参考にしてください。
インタラクティブメディア学科 卒業後、あなたがインタラクティブメディア産業でどのように活躍したいか自由に述べてください。
アニメーション学科 「アニメーションと自分」について自由に表現してください。
ゲーム学科 「遊び」について自分の考えを述べてください。
※補足として図などを用いてもかまいません。
マンガ学科 自画像(全身)を添えた自己紹介を書いてください。

課題

学科 内容
写真学科

課題タイプ⇒【ポートフォリオ型】

ポートフォリオを作成してください。「ポートフォリオ」とは、これまでに撮影した写真を中心に、自己アピールするためにまとめたファイルのことです(これまでの写真に関わる活動や受賞歴などがあれば、自己アピールの一環として記入してもかまいません)。

  • 市販のA4判クリアファイル1冊(10または12ポケット)に写真を入れて自由に表現してください。
  • 内容・構成は自由です。
  • 写真・文字などを貼り込んでも、絵などを直接中台紙に書き込んでもかまいません。クリアファイルを自由に使って、積極的に自己アピールを行ってください。
  • 「ポートフォリオ」についてはこちらに詳しい説明がありますので、参考にしてください。
映像学科

募集なし

デザイン
学科

課題タイプ⇒【ポートフォリオ型】

自作品(5点以上)を市販のクリアファイル1冊にまとめてください。立体物の場合には、写真を撮り、ファイルに収めてください。映像作品の場合には市販のDVD-R(1枚)に収めてください。
※「グラフィックデザイン領域」「イラストレーション領域」「映像情報デザイン領域」「空間プロダクトデザイン領域」の4領域の中から、希望する1領域の作品を必ず1点は入れてください。各領域の詳細については、こちらを参考にしてください。

インタラクティブ
メディア学科

課題タイプ⇒【ポートフォリオ型】

あなた自身をアピールできる作品を1点以上提出してください(複数提出可)。
音楽作品、映像作品、ホームページ制作、プログラミング表現、3DCGなどジャンルは問いません。

(注意)提出は市販のCD-RもしくはDVD-R(1枚)に収めて提出してください。使用OS、再生フォーマットとソフトのバージョンを明記してください。

アニメーション
学科

課題タイプ⇒【ポートフォリオ型】

以下の1.2.3の中から、いずれか1つを選択し提出してください。なお1.2.3の内容を全て含んだ作品を提出することも可能です。

  1. 【映像作品】
    • 市販のDVD-R(1枚)に収めてください。
  2. 【絵画・写真・デザイン・彫刻・文芸などの作品】
    • 市販のA4判ファイル1冊に作品をいれてまとめてください。
    • 作品が立体物の場合には、写真を撮り、ファイルに収めてください。
  3. 【デジタルコンテンツ】
    • 市販のCD-RもしくはDVD-R(1枚)に収めてください。
    • 使用OS、再生フォーマットとソフトのバージョンを明記してください。
ゲーム学科

希望する分野の課題を1 つ選択してください。

企画分野
課題タイプ⇒【企画提案型】

オリジナルゲームの企画書を作成してください。任意のA4判用紙(表紙を含まず10ページ程度)で表現してください。

デザイン分野
課題タイプ⇒【ポートフォリオ型】

オリジナルイラスト・デッサン・CG 等の平面作品を任意のA4判用紙に制作し、市販のA4判ファイル1冊にまとめてください。

プログラム分野
課題タイプ⇒【ポートフォリオ型】

現在までに制作したプログラム(3作品程度、実行ファイルの他にプロジェクト全体またはソースコード)とその解説を、市販のUSBメモリやSDカード、DVD-Rなどに収めてください。解説にはプログラム実行時の画面をキャプチャーしたものを複数含めてください。また、開発環境と実行時に必要な情報を明記してください。プログラムの内容はゲームである必要はありません。

マンガ学科

課題タイプ⇒【ポートフォリオ型】

以下の1,2の中からいずれか1つを選択の上、自分をアピールできるオリジナル作品を提出してください。

  1. ストーリーマンガもしくは4コママンガ作成
    任意のA4判またはB4判用紙に制作した作品を、市販のファイルにまとめてください。
    • ストーリーマンガの場合は、8~16ページ(トビラを含む)を描いてください。
    • 4コママンガの場合は、1ページに2作品(合計で16~32作品)を描いてください。
    • 使用する画材・着色の有無は自由です。
    • パソコン等を使用して制作した作品は上質紙に印刷してください。
    • 手書き作品のコピーでの提出は不可とします。
  2. キャラクターイラスト作成
    任意のA4判またはB4判用紙に制作したカラー作品(8~16作品)を、市販のファイルにまとめてください。
    • 使用する画材は自由です。
    • パソコン等を使用して制作した作品は上質紙に印刷してください。
    • 手描き作品のコピーでの提出は不可とします。

専門科目

本学の1・2年次で学習する各学科の専門知識に関する筆記試験です。

学科 内容
写真学科 「写真システム」「写真史」「広告写真」「写真企画編集」「現代写真」「フォトプレゼンテーション」の6分野から6問を出題し、うち3問を選択して解答します。
映像学科 募集なし
デザイン学科 「グラフィックデザイン領域」「イラストレーション領域」「映像情報デザイン領域」「空間プロダクトデザイン領域」の4領域から、希望する1領域を選択し、論述します。
各領域の詳細については、こちらを参考にしてください。
インタラクティブメディア学科 インタラクティブメディアに関する1200字の小論文を記述します。
アニメーション学科 「アニメーション全般についての基礎知識」/「国内外のアニメーション史についての基礎知識」/「アニメーション表現技術におけるアナログ制作についての基礎知識」/「アニメーション表現技術におけるデジタル制作についての基礎知識」以上4分野から4問を出題し、うち3問を選択して解答します。
ゲーム学科 ゲーム領域およびその接続領域にまつわる概念・技術に対し、芸術や社会・文化などの側面から論じる課題を複数出題します。いずれも客観的認識と論者の意見、双方の見識を同時に問います。
マンガ学科 マンガに関する1200字の小論文を記述します。

面接

学科 内容
全学科 エントリーシートなどの提出された書類と課題について質疑を行います。
なお、任意で試験当日に、自作品の持込をすることが可能です。自作品は、持ち運び等の管理がご自身でできる範囲内のものであれば自由です。また、パソコン等の再生機器が必要な場合はあわせて持参してください。

入学検定料

35,000円

併願

編入学試験では、複数学科への併願はできません。

編入学後の既修得単位の認定

編入学前の既修得単位については、本学の基準にしたがい単位認定を行います。単位認定の状況によっては、2年(標準年限)での卒業が不可能となったり、厚木キャンパス開講科目の履修を行う必要が生じることがありますので、あらかじめ留意してください。