その他学内進学イベント 入試情報

芸術学部スプリングスクール
(事前申込制)

スプリングスクールは、大学の施設・機材を利用して、本格的に実習・制作を体験してもらうワークショップ主体の模擬授業です。
「工芸大学って、どんな授業をしているの?」「大学の先生はどのように指導するのかな?」etc....。
こうした、みなさんが抱えている「実際はどうなのか!」という疑問や不安を、ぜひこのイベントに参加して解決してください。

開催概要

開催日時 2019年4月14日(日)13:00~16:00 ※受付 12:00~
開催場所 東京工芸大学 中野キャンパス
各講座詳細
申込期間 4月8日(月) 23:59まで
申込方法 申し込みフォームからお申し込みください。
【注意】 申込み開始は、3月11日(月) 11:00からです。
事前申込み制/お申込みできるのはお一人1コースのみです。
お申し込みに関するお問い合わせは、下記フリーダイヤルまでご連絡ください。
お問い合わせ 入試センター
0120-12-5246(携帯電話・PHSからでもかけられます)
神奈川県厚木市飯山1583

各講座詳細

(1)1日プロカメラマン講座(大判カメラを体験しよう!)

コマーシャルの写真など、プロの現場で使われている大判カメラを教材にして、その構造から使い方を解説し、実際に撮影まで体験してもらいます。携帯電話のカメラ機能や一般用デジカメとは全然違う本格的なプロ用大判カメラは、使い方は難しいのですが、うまく撮影できた時の満足感は格別です!

(2)さらば、平成!これが映像学科だ2019!

講義では、「ゾンビは止まらない」と題し、「カメラを止めるな!」の大ヒットで再び注目を集めたゾンビ映画を取り上げます。ブードゥー教のモンスターがモダン・ゾンビへと発展した歴史的経緯についてお話しします。実習では、ビデオ・スタジオにおいて簡単なドラマの会話シーンをマルチ・カメラで収録します。

(3)体験授業:デザインを学ぶ人のデッサン~デッサンを体験してみよう!

デッサンは画家になる人だけの練習、と勘違いしている人はいませんか?「絵を描くための基礎練習」であることは確かですが、それだけではありません。デッサンにはもっと深い意味があります。この体験学習では、デザイナーの立場から見たデッサンをテーマに、画面構成、レイアウト、アイデア、創作に向かう姿勢など、クリエイターに必要な能力を学びます。この授業で、デッサンを学ぶことがクリエイターの第一歩であることが理解できます。

(4)参加する芸術「インタラクティブアート」の世界&3Dコンテンツ制作体験

まず鑑賞者が参加することで成立する「インタラクティブアート」をいくつか紹介しながら、作品と鑑賞者との様々な「インタラクション(相互作用)」のあり方と、その価値を考えていきます。次に実際のパソコンを使用して、3Dコンテンツを制作体験しましょう。建物、山、水、などを配置したマップを作成し、アバターを操作してマップの中を動き回るコンテンツを制作します。

(5)講義と制作でアニメーションの学びを体験!

アニメーションについての講義の後、2つの実習授業から選択して、教員や在学生の指導を受けながら作品を制作します。アニメーションを作る楽しさ、アニメーションの世界の奥深さに触れます。実習授業については当日内容を説明します。

(6)ゲームと遊びについて学ぼう/みるみる実力アップ!発想力演習

大学でゲームを学ぶ上での基礎講義を聴いた後、発想力を高めるための演習に取り組みます。

(7)ゲームCGの仕組みとデザインを学ぼう/プログラムを書いて物体をリアルに動かそう

前半はゲームCGの基礎知識とコンピューターを用いた演習を行います。後半では受講者がプログラムを実際に書き、コンピューター上で物体を動かしてみます。

(8)ストーリーマンガ講座 (9)キャラクターイラスト講座

ある場面をもとに、1ページをコマわりしてマンガを描く「ストーリーマンガ」講座と、「キャラ絵」の基本であるバストショット(胸から上)とフルショット(全身)を描いてみる「キャラクターイラスト」講座から希望の講座を選んで受講できます。また、講座の後、希望者は進学個別相談も受けられます。