1. トップ
  2. 芸術学部
  3. マンガ学科
  4. 学科概要

マンガ学科

学科概要

学科について

「マンガ」は、「絵」「コマ」「言葉」を用いた独特の表現として、「キャラクター」と「物語」の双方の魅力で、人々に娯楽を提供してきました。また、ビジュアル・コミュニケーションのツールとしても、親しみやすさなどの長所をもって活用されています。近年では、ウェブ等のメディアにおいても新しい展開をみせています。マンガ学科では、この「マンガの道」を目指す学生に、近代と共に発展し変化を続けてきた歴史の中で自己のスタイルやテーマを確立することだけではなく、従来の枠にとらわれない自分自身の表現方法を追求し、人生のさまざまな局面で役立つ自由で柔軟な発想力を身につけていってもらうことを求めます。 そのために、物語的なマンガ表現を中心としつつも、キャラクターイラスト、カートゥーン、マンガ原作、雑誌・書籍編集や、新しい手法としてのデジタル表現、またマンガに対する研究・批評的アプローチといった、マンガを取り巻く高度で幅広い専門技術や知識を身につけるためのカリキュラムを用意しています。 これらによって、志が高く、斬新な価値観で新たな文化を創造できる人材を育成してゆくことを目指しています。

学科パンフレット




※画像をクリックすると拡大します(PDFファイル)。

学びの特色1

「ストーリーマンガ」「キャラクターイラスト・イラストレーション」「研究・編集」の3領域
ストーリーマンガをはじめとした創作系に限らず、理論系も含め幅広くマンガ及びその周辺の業界で活躍出来るよう、入学時から将来の進路を考えるため「ストーリーマンガ」「キャラクターイラスト・イラストレーション」「研究・編集」という3つの領域を設定しています。3年次からはより専門性の高い5つの分野のゼミに分かれ、各自の方向性をさらに明確にして学んでいきます。

学びの特色2

デジタルメディアとマンガの融合から生まれる表現
アナログ作画の基礎を学ぶ一方で、2年のデジタルマンガ演習ではマンガのデジタル化に対応した最先端の設備を活かし、コンピュータを使用したマンガ制作の技術を習得します。3・4年の専門分野では近年の電子書籍関連の動向に沿ったデジタルマンガの表現技法を習得します。既存のマンガ表現に捕われず、新たな表現方法の可能性を探り、技術力と創造力を備えた人材を育成します。

学びの特色3

他学科・学外との共同研究
娯楽的な要素や、自由な表現方法が追求される一方で、マンガを用いた柔軟でユニークな視覚伝達には、より受け入れやすく、理解しやすいという利点があります。そういった可能性を社会の中で新たに探ることもマンガ学科の重要な役割です。 例えば、学内における他ジャンルの研究活動の分かりやすい紹介や、近隣の地域コミュニティを活性化させるためのアイデアを、マンガ学科が積極的に担って、共同研究とすることも行ってゆきます。
    
 ※右の写真は、南足柄市との共同研究の成果「金太郎マガジン」

目的

幅広い教養や高度な知識、技術、志を育む教育を行い、漫画家、原作者、編集者を始め、キャラクターデザイナー、評論家、研究者、プロデューサー等新しい文化や価値を発信できる人材を養成する。

ディプロマ・ポリシー

以下に掲げた5つの能力を身につけた学生に対して、学位を授与します。
  1. 調和のとれた豊かな感性と幅広い教養を身に付けている。(知識・技能)
  2. 創作に必要な基礎的技術を身に付けている。(知識・技能)
  3. 創作に必要な専門的技術を身に付けている。(知識・技能)
  4. マンガとマンガを取り巻く文化に対しての広い知識と視野を有する。(感性・教養)
  5. マンガ表現の可能性を模索し、マンガ周辺の新しい文化や価値を発想・発信することができる。(関心・意欲・態度)

カリキュラム・ポリシー

入学当初より、社会の中で生きていくために必要な「人間力」を養う基礎科目と並行して、キャラクターを用いた表現を基盤にしたメディアについての専門科目の教育を行い、マンガ家、イラストレーターほか、キャラクターによる新しい文化や価値を発信できる人材を育成することを目的にしています。
1・2年次では「ストーリーマンガ」「キャラクターイラスト・カートゥーン」「マンガ研究・編集」の3つの領域を横断的に学修し、より専門的な研究領域に進むために必要な幅広い知識や技術を習得します。
3年次より「ストーリーマンガ」「キャラクターイラスト」「デジタル表現」「カートゥーン」「マンガ研究・編集」の5つの研究領域の中の一つに所属しながら、さらに高度な学習を展開し、創作および研究活動を行います。
4年次ではこれらの学びの集大成としての卒業研究へ結実させます。

アドミッションポリシー

マンガ学科では基本的なコミュニケーション能力を有し、知的好奇心が旺盛で、明確な目的意識を持ち主体的に行動できる人を求めています。入学後には、キャラクターを用いた表現を軸とした分野から自身の目標を定め、創作や研究活動を通して自己の表現を確立し、新しい文化や価値を発信して行くことができる資質が求められます。原則として、入学前にマンガに関する専門的な知識や技術を習得している必要はありませんが、高校での学習において国語(古文、漢文を除く)を履修し、文芸作品に多く接してその構造を理解していること。その他は偏りのない幅広い分野を習得していることが望まれます。

学科概要・研究室紹介など
  • マンガ学科 学科概要
  • マンガ学科 教員紹介
  • マンガ学科 研究室紹介
  • マンガ学科 カリキュラム
  • マンガ学科 学びの環境
  • マンガ学科 卒業後の仕事