領域研究・小原秀一さん

Hidekazu Ohara12月1日に行われた授業、「領域研究」。今回ゲスト講師として来て下さったのは、アニメーターでアニメ監督の、小原秀一さんです。小原さんがこれまでどういう作品を作ってきたか、まずは作品の上映から始まりました。これがとにかく大変な分量。まずは膨大な量のCMから、続いてど迫力のオリジナル作品、そしてテレビ東京で放送中の「ふるさとめぐり 日本の昔ばなし」で制作された「桃太郎」、「根子岳の猫」までが、次から次へと上映されました。

Keikaku

圧倒的な美しさと大迫力の、オリジナル作品「圭角」

一つ一つの作品が悉く異なるスタイルで絵のタッチも全く違い、とても同じ人が制作したとは思えません。学生たちは一様に呆気にとられたような表情で、また大スクリーンで観るオリジナル作品の「圭角」や「エミネンス」の大迫力には圧倒されていました。小原さんは一つ上映が終わる度に軽くポツンと「こんな感じでやってきました」と仰るのですが、その一言の向こうに超人的な技とエネルギーが注がれていることは、誰にも一目で理解できます。

Eminence

壮大なスケールの切り紙風アニメーション「エミネンス」

大ボリュームの作品群を鑑賞したところで、いよいよ小原さんの講義へ…と思いきや、突然Q&Aへ。すると作品に大きな刺激を受けた直後だからでしょうか、学生たちから次々に手が上がります。有名な「スラムダンク」の資生堂AlephのCMについて、どのように制作したかというような技術的な質問もあり、大変興味深いお話が続きましたが、「なぜアニメーションを始めたのですか?」というストレートな質問に、小原さんは「絵が描きたくて始めたのが気の迷い。始めたら止めることが出来なくなりました。」と、冗談交じりに答えて下さいました。

HidekazuOhara更に質疑応答の中で、小原さんは「作品作りを、決して下請け仕事にしてはいけません。そしてギャラの交渉は、必ず自分でしましょう。自分がその仕事に注いだ労力に見合う額を、自分で堂々と求めましょう。」と仰いました。これはとかくアニメーションの業界では蔑ろにされがちな部分ですが、しかしこれからクリエイターとして自分の人生を切り拓いていく学生たちにとって、とても大切なメッセージです。

Hidekazu Oharaまた小原さんは、「私は発注者の期待に応えることだけでなく、更に相手をオッと驚かせるような何かをそこに加えるよう心がけてきました。それを続けていれば、必ずどこかで誰かが見ていてくれます。」とも仰っいました。学生たちを励ます素晴らしいメッセージの後、授業の最後に「目パチ」の講義です。様々なアニメーション作品に於ける「目パチ」、要するに瞬きの演技ですが、それがどういう時に行われるか、逆にどういう時には行われないか、という内容が、とても分かりやすく解説されました。これまで全く気付かなかったような小さな演技の中に、しっかりと意味があったことを学んで、今日の特別講義は終了しました。

アニメーションのクリエイターを目指す学生たちにとって、今日の授業は大変刺激的で、かつ実に有意義なものでした。小原さん、お忙しい中おいで頂き、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 2・授業紹介, 三、四年生

ゼミ調査書提出まであと1週間

このブログは、在学生、卒業生に時々読まれているようです。それに加えてURLがオープンキャンパスで公開されていることもあり、これから入学を考えている方、在校生のご家族の方もご覧になられているかもしれません。今回はそれを念頭に置きつつ記します。

本学科では3年生になるとゼミに所属します。そのため、2年生のこの時期に、希望するゼミと理由を調査書に記入してもらい、学生一人ひとりと面談をします。(11/29~)

ゼミは必修なので、履修をしない・忘れた、そういうことがあればその先に進むことが出来ません。ですから、どこに入るのかは学科にいる以上極めて重要な選択となります。ゼミはそれぞれ考え方や行うことが違いますので、一人ひとりの行く先が変わっていきます。

ダブルキャンパスになって4年経ち、3、4年生が厚木にいないので、学科では11月1日からゼミ紹介コーナーを設け、学生には積極的に各教員に相談するよう、授業や掲示などで伝えてきました。
真面目に真剣に考える学生は、色々な先生に話を聞いたり、部活等でつながりのある先輩に相談したりしています。少なくとも「考えないといけない」という自覚は学生の中にあります。

しかしながら残念なことに、ゼミの選択を自分の事と思わない学生が毎年いることも事実です。必要な書類を受け取らなかったり、その場でゼミの名前だけを理由なく調査書に書く。面談でも全くゼミで行うことを調べていなかったり、無断欠席をする。
それではこの先、自分自身がどのような学びや成長をしたいか考えない事と同じです。
2年生は年齢的に全員成人式を迎え、社会的には大人です。求められる必要な事は自ら判断して行動することが望まれます。ですから、万が一何もしないという場合、それは本当に進級を放棄する事になりかねません。学科では厳しく自分を律するよう通達しています。

ただし一方で学生ですので、ご家族などの応援、支援を受けて通学している場合がほとんどです。
そこで、一人暮らしをしているのであれば電話を、実家暮らしであれば直に話をする機会をもってください。2年のうちに入学前の希望と今の希望が変わったり、現実的な話に襟を正したり、初志貫徹で頑張っていたり、学生一人ひとりに様々な変化が起きています。
「アニメーションが好きでそういう勉強をしたい」と漠然と思って入試を受けた2年前とは、見た目は同じでも大きく内面が変わっていると思います。そこに気付いてあげてください。

大人だから任せているという教育方針の方もいらっしゃると思いますが、今が基礎課程から発展へ移行する時です。将来を意識し、気が早ければ就職すら考え始めます。実際、専門学校生であれば次年度から社会人になります。自立し、自活していかなければいけない同世代がたくさん出てくる中で、自分はどうするのか?
学生にとって大事な時期ですし、不安もあるでしょう。
自信を無くしながら、家では笑顔でいる学生もいると思います。

そんなに不真面目な学生がいるのか?と思われる方がいるかもしれませんが、誰しも20代の始めだった頃は、学業以外に楽しい事がたくさんあったと思います。
友人の家でワイワイ遊んで夜を越したり、遠出をしたり、サークル活動に精を出したり。友人が授業を休むと言えば、何も考えずに一緒に休んでしまったり。
美術系を卒業された方であれば、1、2課題提出を飛ばした事があるかもしれません。
バイトでお金が入れば、親を気にせず買い物したり、遊ぶ事も出来たかもしれません。
これは決して不良的な行動ではなく、勉学だけに励む学生生活を送ったという事の方が珍しいと思います。
活動範囲が広がり、自主選択が出来るようになるのは当然の事です。しかしそこで、どのように学業と向き合い、友人関係を作り、自分の夢や目標を希求して行くのかが大事です。
それが大人になるためのステップだと思います。
しかし自由が利く事に慣れ、そちらに意識が傾きすぎてしまうのも大学2年生の頃です。
やはりまだ見た目に反し、学生が大人と子供の狭間なのは、ここに限らずどこの学校でも同じだと思います。

是非「ゼミはどうするの?」「勉強どうしてる。」など、このタイミングで気にかけてあげてください。
よろしくお願いします。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 二年生

新千歳空港国際アニメーション映画祭2017

11月2日(木)〜5日(日)に開催された「新千歳空港国際アニメーション映画祭2017」に
研究生の服部笙太さんの卒業制作作品「夢TV」が上映されることになり、本人も映画祭に参加してきました。
彼の担当教員、私木船が様子をご紹介します。

空港で開催されるユニークな映画祭は、今回で4回目。
知名度も広まって、世界85カ国2037本の短編アニメーションが応募されたということです。
4日間の会期中、コンペティションのエントリー作品プログラムに加え、
国内外の長編、短編アニメーションの話題作の上映、作家や制作者が語るトークセッションなど、盛りだくさん。
また、作家、クリエーターなど関係者ゲストが多く訪れるのも、国際映画祭の醍醐味。
まさにアニメ漬け、アニメーションによる国際交流の日々なのです。

服部さんの作品は、惜しくもコンペティションには届きませんでしたが、
日本の学生作品の優秀作として「ICAFプレゼンツ-日本学生ショーケース」で上映されました。
当日は、メイン会場であるシネコン「ソラシネマちとせ」のシアター3で、ゲスト席に座って緊張!
ICAF実行委員でもありこの映画祭の委員でもある多摩美術大学の野村辰寿先生の挨拶の後、
映画祭のゲストの一員として名前が呼ばれ、お客様に手を振って挨拶です。
終映後には他の学校の参加者、映画祭の名誉実行委員長である
古川タク氏(元工芸大アニメーション学科教授)と記念撮影。
会場に飾られるゲストの色紙にも一筆。参加した証として掲げられていました。
自分の作品が多くの人に見てもらえる、作家同士の交流ができることは、作品が参加している作家の特権でもあるのです。ぜひ現在制作中の次回作でさらなる飛躍をして欲しいです。

同じ木船・城戸研究室の4年生2人と研究生1名の計4人で参加した服部くん。
彼らと食べる時間も惜しんで多くのプログラムを回っていました。
開始の前日に入り、札幌の観光も楽しんだとのこと。

これから研究生も4年生も、自分の作品の追い込みに入っていく時期。
この映画祭で大きな刺激を受け、創作意欲もアップしたようでした。
ぜひ、この経験を生かし、より良い作品を生み出してもらいたいと思います。

新千歳空港国際新千歳空港国際アニメーション映画祭2017 プログラム

カテゴリー: 3・在学生の活動, 5・受賞・上映報告

普段通りが一番です

今週月曜日の授業が始まって早々に、全校緊急施設点検による休講措置がとられ、学生のみならず教員も厚木、中野両キャンパスから退出するということが起きました。
その後、事態は大学の発表で知られる事となりましたが、報道などから大変御心配になられた方もいらっしゃった事と思います。
1現目の授業に間に合わせてきちんと登校した学生にとっては、さてこれからというところで帰宅となり、1日の授業がなくなっただけではなく、学内で出来る制作時間を失うという大きな損害がありました。
本日には他校でも同様のことが起きており、こういった事が今後起こらない事を切に願います。

ただし、いざと言う時の大学の迅速な対応を見る事が出来たのは、大きな安心になったと思います。
また、学生も速やかに退出を行い、パニックやトラブルなども学内(少なくともアニメーション学科内)では全く起きませんでした。学生にはコウゲイネットのメール配信を通じて通知がなされました。

本日より通常の時間割りに戻っています。今回の事で生じた不足の時間は補講等でとられるかとは思いますが、まずはとにかく普段通りが一番です。

カテゴリー: 其の他

ゼミ相談月間中です

現2年生は11月1日からゼミ選択月間に入りました。
ゼミは学生にとって卒業までの2年間を密に過ごす場です。
だからしっかりと腰を据えて考えながら選ぶのが鉄則です。
28日までが相談日で29日に教員によるゼミ紹介プレゼンテーションが行われます。

アニメーション学科が出来て10年以上経ち、世間的にアニメーションを大学で学ぶことはもはや全く珍しくありません。専門学校生も含めてアニメーションを勉強する学生は全国で数えきれないほどいます。
本学以外の場所でも学生と同世代で目を見張る活躍をする人はいますし、独学で研究を深める人もいます。
だから学校でアニメーションを作る、アニメーションの技術を学ぶということが、社会に出て行く時のアドバンテージになるとは限りません。
ですから「ここにいれば何者かになれる」ということでも、課題をやって成績がつけばいいということもなく、学んでいることをどのように活かすのかを学生一人ひとりが考えていかなければなりません。
すなわち、ゼミを経てアニメーションを通じて学んだことを応用する力を身につけなければ、技術は暗記で終わってしまいかねません。
アニメーションを作ったり研究したいと思ったスタートラインから2年経ち、果たして今はなにを思う?
入学はゴールではなくスタートです。そして、今半分を走りきろうとしています。

大学に入り、まだ1年と7ヶ月しか経っておらず、「さあ再び進路を考えましょう」と言われても、なかなか「まだそんな気分になれない」という方が多いでしょう。
しかしながら、さらに3年生の後半になれば、今度は本当に「その先あなたはどう生きて行くのか?」を様々な形で問われるようになります。
そのため、そこで急に慌てないように今、少し自分がどういう方向性を目指すのか?を真面目に考えてほしいと願います。
大学は学ぶための場であることはもちろん、その一方で社会に出るまでの猶予期間とも言われます。それは「遊んでいいよ」という期間ではなく「自分が何者になるのか?」を考える期間です。
そして誰かがあなたにそれを教えてくれるわけではありません。何者になるのかはあなた自身が決めることです。学んだ事に人生の中で意味を持たせることもあなた自身の行動にかかっています。
ここで真剣に考えるか適当に考えるか。
その違いが、大学での学びがその先につながるかどうかのポイントになっていきます。
この1ヶ月は、それぞれ生き方を考える期間にしてください。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 二年生

ゼミ相談月間が始まります

来月1日からゼミ相談月間が始まります。
ゼミは制作系と研究系に分かれていますが、大学は「研究」を行う場ですから、制作系でもアニメーション表現の研究を行うのが主です。
今年は「月間」として、11月29日のゼミプレゼン日まで、各自がゼミについての掲示を見て、教員に質問しながら調べる事を重視したいと考えています。

ゼミは制作系教員の専門分野の技術指導を受けられるというより、ワークフローを重視したり、ディスカッションを重視したりといった、ゼミごとに重要ポイントが異なるアニメーション制作工程を通して作品制作を学ぶ事になります。だから「どういった方向から制作を学ぶ事が作品表現研究を深められるか」の選択を行う事が求められます。よって課題内容に流されず、根底の思想を読み解いてください。

また、研究系も文章を通じてアニメーションの表現を学ぶ事が出来ます。研究の内容は作品研究や監督研究以外に、アニメーション制作の分野における技術研究も可能です。
ある部分に特化して深く考察し、技術を高めたいという学生は、論文執筆を満たす必要はあるものの、制作系に行かなければアニメーションを描いたり作ったり出来ないというわけではありません。

2年生はこの先2年間の継続性を考えながら、時間をかけて進みたいゼミを検討するようにしましょう。悩んだ時には教員に相談をする事。そして2号館3階には各ゼミについての紹介が貼り出されていますので、しっかり読みましょう。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 2・授業紹介, 二年生

25thキネコ国際映画祭2017で「ノアの◽︎庭」上映

2016年3月に卒業した狩野洋典さんの卒業制作「ノアの◽︎庭」が、25thキネコ国際映画祭2017で上映されます!

プログラムD
上映シアター[109シネマズ] ・11/4(土) 14:00~14:55 ・11/6(月) 9:45~10:40
上映作品:プログラムD「ノアの◽︎庭」

キネコ国際映画祭は今回で25回目という、日本で最大規模のこどもたちのための国際映画祭。
ライブで声優さんが声を当てたり、様々なワークショップがあったり、盛りだくさんのイベントやプログラムが楽しめます。

会場:109シネマズ二子玉川  iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズ
兵庫島公園(熱気球搭乗および野外上映イベントを開催)
二子玉川ライズ中央広場
二子玉川ライズガレリア

現在はアニメーターとして頑張っている狩野さん、忙しいと思いますが映画祭に参加できると良いですね。

カテゴリー: 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告

第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭で「夢TV」上映!

2017年11月2日(木)〜5日(日)に開催される第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭で、
3月にアニメーション学科を卒業し現在研究生の服部笙太さんの卒業制作作品「夢TV」が上映されます。

「夢TV」

「ICAFプレゼンツ – 日本学生ショーケース」
公式サイト:ICAFプレゼンツ – 日本学生ショーケース
11月5日(日) 12:10〜 シアター3

今年度のインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2017での上映作品のうち、
新千歳空港国際アニメーション映画祭にエントリーされた作品からの選抜プログラムだということです。
本人も、映画祭に参加することにしていたので、嬉しいニュースとなりました。
観客とともに同じ会場で上映に立ち会うのは得難い経験になるはずです。この映画祭を出品者として十分堪能してきてほしいと思います。

「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
○会期:2017年11月2日(木)〜5日(日)
○会場:新千歳空港ターミナルビル(ソラシネマちとせ、センタープラザなどを予定)

第14回新千歳空港国際アニメーション映画祭公式ホームページ

カテゴリー: 3・在学生の活動, 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告

卒業生の久保亜美香さんが監督・アートディレクションを担当するアニメーション「URAHARA」放送・配信中!

TOKYO MX 、BSフジ、AmebaTV他で放送、配信中のアニメーション「URAHARA」
アニメーション学科1期生、久保亜美香さんが監督とアートディレクションを務めています。

ⒸURAHARA Film Partners

久保さんは、NHK連続朝ドラ「べっぴんさん」のオープニングを手がけるなど創作活動や、tanpen.jpを主催し短編アニメーションの情報発信やプロデュースなどを手がけ、世界中を駆け回り活動を続けているエネルギッシュな人。「URAHARA」とともに、彼女の活躍に今後も目が離せません!

TVアニメ「URAHARA」公式ホームページ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

原作は北米発アニメ配信サービス「クランチロール」で連載中のイラストノベル「PARK: HARAJUKU Crisis Team!」。

本作の舞台は原宿に実在するFASHION×OTAKU×CREATIONをテーマにしたお店「PARK」。地球の文化を奪いつくそうとする宇宙人「スクーパーズ」の侵攻により脅かされた街で、それぞれの思いを胸に戦う3人の少女たちの姿を描くSFドラマだ。

その3人の主人公・須藤りと役に声優初挑戦の春奈るな、白子まり役に上坂すみれ、綿紬ことこ役に石見舞菜香がそれぞれ担当することが決まった。

アニメーション制作は白組×EMTスクエアード。メインスタッフは監督に久保亜美香、シリーズ構成を高橋ナツコ、キャラクターデザインは藤田まり子と女性クリエーターを中心に起用。演出主任は荒川真嗣、メカデザインをやまだたかひろが務める。

また、本作では全世界2,000万人のユーザーを持つ「クランチロール」が初プロデュースを務める。中国の大手プラットフォーム「ビリビリ動画」との共同プロジェクトであり、米中日のみならず全世界でも同時配信される。

配信情報
全世界同時配信 2017年10月4日20時より(AbemaTVほか)

放送情報
TOKYO MX 10月5日(木)22時より
BSフジ  10月9日(月)24時より

TVアニメ「URAHARA」公式ホームページ: http://urahara.party/
TVアニメ「URAHARA」公式Twitter: @urhr_pt

「原宿竹下通り商店会」が公認へTVアニメ「URAHARA1014日~27日“原宿ジャック”も

この10月4日より世界同時配信(AbemaTVほか)し、TOKYO MX(10月5日22時~)とBSフジ(10月9日24時~)で放送スタートするTVアニメ「URAHARA」に、アニメの舞台でもある『原宿竹下通り商店会』からエールが届いた。

このアニメは、原宿に実在するFASHION×OTAKU×CREATIONをテーマにしたお店「PARK」を中心に、全編にわたり原宿を舞台にしている。アニメ各話に登場するその背景は、竹下通りやその周辺を実際の風景と同様に描いている。そんな“地元のアニメ”を原宿竹下通り商店会が『公認』という形で応援することになった。

そして、10月14日(土)から27日(金)の2週間に渡り、竹下通りにアニメ「URAHARA」の横断幕やフラッグが掲げられ、スタンプラリーなどのキャンペーンが行われることも決定した。

まさに“原宿ジャック”だ。

また、アニメ製作には全世界2,000万人のユーザーを持つ配信サービス「クランチロール」と、中国の大手プラットフォーム「ビリビリ動画」が参画しており、日本だけでなく全世界同時に配信されることで、世界でも人気の原宿をアニメの聖地としても、もっとPRできればと、アニメ製作サイドも意欲的だ。

カテゴリー: 4・卒業生の活躍

「芸術学部フェスタ2017」開催!

「芸術学部フェスタ2017」10月8日(日)-10月18日(水)
でアニメーション学科教員
渡辺由美先生、山中幸生先生と権藤俊司先生の展示が行われています

展示中の渡辺先生/渡辺先生による手描きの美術背景

作品の前で

美術背景の授業を担当する渡辺由美先生は、TVアニメーションの美術背景、放映作品を2作品、20点を展示。
昔ばなしの暖かな世界観が手描きによって描き出されています。
展示会場:3号館 1F ラウンジ

アニメーション学科で色面構成や色彩の基礎を指導している山中幸生先生と、歴史研究を専門とし、アニメーション史の講義をされている権藤先生による展示は、学生の色面構成、色彩の基礎、そして実際のアニメーションでどのように色が扱われているかを一望できる構成となっています。
展示会場:芸術情報館 1F ギャラリーG102

準備中の山中先生、権藤先生

アニメーションに於ける色彩表現の展示風景

「芸術学部フェスタ2017」
開催日 10月8日(日)-10月18日(水)
10月15日(日)は閉館   入場無料・申込不要
時間 10:00-19:00
10月18日(水)は16:00まで
場所 東京工芸大学中野キャンパス
東京都中野区本町2-9-5
東京工芸大学芸術学部は、写真・映像・デザイン・インタラクティブメディア・アニメーション・マンガ・ゲームと基礎教育の各分野を主体に、「メディア芸術」を教育・研究しています。
ぜひこの機会に、東京工芸大学がつくる「メディア芸術」の世界を体験してください。
カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 9・イベント情報

ページの先頭に戻る