8月13日オープンキャンパス

お盆まっただ中の8月13日に今年最後のオープンキャンパスがありました。
今回初めてこの時期の開催となり、はたしてどれくらいの方が来るのかな?と思っていましたが・・。

盛況でした。
シアターの収容人数は補助席を出して90人前後なのですが、ほとんど座席が埋まることもあり、複数回卒業制作の上映プログラムの増刷りをする状況に。

2号館横のメディアラウンジには【研究室】紹介がありました。一気に数十名の方が入られてぎゅうぎゅうになる事もしばしば。

午前午後関係なく、受付にも人の波。地下階の食堂では「食材が切れそう!」とかなんとか・・。

3階の課題作品を並べた廊下にも結構な人数が集中。アニメーション作画体験コーナーも満席につき増席をすることになりました。

はたしてなぜ、急激に来校される方が増えたのかはわかりません。
お話を聞くと、高校1年生から今期の受験生、留学希望者に大学院、研究生志望まで様々でした。

ありがたいことではありますが、「本当になぜ?」というのが心境です。
東京工芸大学は写真大学時代から数えれば創立90年を超え、アニメーション学科でいえば日本で初めて出来た4年制のアニメーション専門の学科なのですが、都心の真ん中にキャンパスを据えるもののその認知度は今ひとつというのが実感でした。
『工芸』という文字から「陶芸とか伝統工芸の学校?」と言われてしまうことも頻繁にある悲しさ。
また『学科は特定の技術教育に特化するのではなく、作品のアウトプットまで考えることが総合的なアニメーションの学びである』というポリシーを真摯伝えているつもりであっても、中野キャンパスの施設案内としてシアターを紹介すれば「そんな上映環境が大学に必要なの?どうせ客寄せでしょ?」と言われてしまい、とても悔しい気持ちになる事もあります。シアターは大画面で見る事、良い音の環境を知ること、色を知ることなど重要な役目があります。そしてシアターを維持するのは学生が中心となって行なっており、上映を継続する環境保持はものすごく大変なのです。日々日頃気軽に見られる上映環境は、どこかの誰かが頑張って保っていると知る事も学習の一つです。
技能教育だけを取り出せば、専門学校より劣る部分はあると思います。しかしアニメーションを総合的に学ぶ学科として、それに限らない教育を求められていると思います。「研究系」を擁する、研究機関としての大学の強みも、まだまだこれから頑張って見せていくところだと思います。
ですから、アニメーション学科が何を行なっているのかを知っていただく事はとても重要であり、そのためにOCなどの場では様々にやってきたと思っています。
そしてそれはアニメ・アニメーションに対するちょっとしたネガティブなイメージの払拭にもなると思っています。
アニメーションは今年日本で100年と言われます。決して新参者ではありません。職業訓練のためだけに学ぶものではなく、美術、芸術として学問として認められるものです。
今回御来校いただいた方々がどのようにして本校、本学科を見つけたのかはまだわかりません。
しかしながら、まず学科を知っていただきたいです。
そして受験を考えていなかったとしても、出来れば一度来た事のある学校という事で、継続的に「最近はどういうことをしているのかな?」と思っていただければ幸いです。
多くの方々にご来校いただき、誠にありがとうございました。

学科ではツイッターも開設しています。
こちらもご覧下さい。

https://twitter.com/anim_kougei

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 8・オープンキャンパス/入学希望, 9・イベント情報

橋本研究室の夏!

恒例、橋本研究室(TEAM HASHIMOTO)の暑い夏が始まります。
場所は今年も中国勝山(岡山県真庭市勝山)です。
今年も「まにわ映像フェスティバル2017」にてプロジェクション・マッピングを敢行します。
マッピング場所は勝山文化往来館ひしおとその周辺で、開催日は3日間。
<8月18日(金)・19日(土)・20日(日) 19時30分〜21時>
となっています。

<詳しくはこちら>

http://hishioarts.com/exhibition-events/upcomingexhibitions/art-fes-2017/

橋本研究室のfacebookページはこちら
https://www.facebook.com/hashimotosemi/

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 2・授業紹介, 7・ゼミ展, 9・イベント情報, 三、四年生

わくわくKOUGEIランドでした

ちょっと前になりますが、7月22日は子供向けのワークショップなどが集まるイベント「親子でわくわくKOUGEIランド」でした。

アニメーション学科からは「からだでアニメ!ものでアニメ!」というワークショップを開催しました。

わくわくKOUGEIランド

遠近法を使っての撮影

参加者向けに非公開、期間限定でYouTubeにその時の撮影した映像をアップしました。

(下記のリンクからのみ。8月いっぱいは見ることが出来ます)

天気のよい、暑い日でしたが屋外にてピクシレーションを子どもたちと楽しんだ様子をご覧ください。

わくわくKOUGEIランド2017
からだでアニメ!ものでアニメ!

https://youtu.be/UrzipHcArAQ

カテゴリー: 9・イベント情報

TCGirls(てぃーしーがーるず)

前期最終授業のこの日、各ゼミでは前期課題の講評会が行われました。
そんな中、研究室のドアを開けたら、あれれ??そこには懐かしい顔が!4期生の”もみのさと”さんが突然遊びに来てくれました。”懐かしい”といってもあまりにも印象が変わっていなくて、つい昨日会ったような気持ちになってしまいました。その当時は厚木キャンパスでしたけどね。(2013年までアニメーション学科は1〜4年生通じて厚木キャンパスでした。)
最初の単行本が出たという事でその報告に来てくれた”もみのさと”さん。
シアターでちょうど行っていた前期課題の講評を一緒に観てくれ、終了後は少しでしたが3年生とも話したり…
学生たちも良い刺激になったに違いないです。
ありがとうございました。更なるご活躍を。またお会いしましょう!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
『TCGirls』(てぃーしーがーるず)/芳文社
2017年5月27日発売!
とある電気街の片隅にあるカードショップ「Aster」は今日もひっそり営業中。
TCG愛が暴走しているバイトの「小柴アン」、それを冷ややかに見つめるTCG素人な店長「葉波シオン」、
TCGにはまりすぎて色々とこじらせている常連の「御厨メイ」たちで、お店はいつも大騒ぎです。
パック開封の儀式、スリーブを選ぶ、バトルする…カードゲーマーにはいつでもドラマが待っています。
TCGを愛する貴方のための物語、登場です。
☆書店で見かけたら是非お手に取ってご覧ください!
◎もみのさと
(漫画家)

まんがタイムきららMAX

「にじいろアフタヌーン」「アルエない大迷惑」

カテゴリー: 4・卒業生の活躍

三善ゼミ「映像から受ける印象についてのアンケート調査結果発表会」

poster7月31日(月)、今年も三善ゼミによる「映像から受ける印象についてのアンケート調査結果発表会」が行われました。
アニメーション学科の三善ゼミは毎年アンケート調査を行って来ましたが、昨年までは「映像の中でキャラクターが移動する向きは、それを見る人が受ける印象に影響を与えるのか?」ということを、7年間調査し続けてきました。しかし今年はテーマを改め、「カットを繋ぐ順番を変えると、印象にどれ程差を生じるか?」をテーマとして、初めての調査を行いました。
調査は7月7日と8日の2日間に行われ、その模様はこちらで既にお伝えしておりますが、その調査結果を細かく分析した内容が、学生たちによって発表された訳です。

publication今年の三善ゼミ所属学生は、3年生5人に研究生1人、アメリカの大学から来た科目等履修生が1人で、合計7人という少数ながら、その内3人が外国籍(しかも全員別々の国)という多国籍ゼミです。
発表は全て学生たちの手によって作られたスライドが用いられ、彼らが順番にマイクをバトンタッチしながら手際よく進められていきました。これも彼らが事前にしっかり練習を重ねた賜物です。

publicationアンケートの内容は、学生が制作した30秒程度のアニメーションを被験者に見てもらい、それを見た印象について答えてもらうというものでした。アニメーションの内容は、男性キャラクターと女性キャラクターが画面左に向かって走って行く映像です。それぞれ別カットで、二人が一緒に登場するカットはありません。先に女性キャラクターが走るカットがあって次に男性キャラクターが走るという映像と、先に女性キャラクターが走るカットがあって次に女性キャラクターが走るという映像の2種類作り、その内一方を見てもらって、「どちらのキャラクターがどちらのキャラクターを追いかけているように見えるか」というのが主な質問です。

publicationその印象に(キャラクターの性別以外に)何が影響を与えたのかを見るために、男性女性、それぞれのキャラクターの印象について相応しいと思われる言葉にチェックを入れてもらう質問もあります。あとは被験者の年齢層、性別を答えてもらいます。合計5問です。映像はiPadに収め、それで再生しました。
結果は…、個々の学生が描いたキャラクターの印象が本当にバラバラだったので、学生別に見ると何がどう影響したのか容易に掴めない、それぞれに非常に異なるデータが出ました。

publicationところがそうした個々にバラバラなデータを一括りにして見ると、やはり先に登場した方が前を走り、後から登場した方が後ろを走る、従って後から登場したキャラクターの方が「追いかけている」方だと感じる人が多いという明確な結果が出ました。更にキャラクターの性別でいうと、カットの順番に関わらず、全体としては女性キャラが追いかけているより男性キャラが追いかけている方だと感じる人の方が多いという傾向も認められました。

従来の映像演出法はこのようなことを、実証実験の結果に基づくのではなく、単純に「きっとそうであるはず」という曖昧な根拠に頼って作り手の意図が作品に込められてきた訳ですが、「こう仕掛ければ観客は本当にこう感じるのか?」という実験は、実は殆ど行われた試しがありません。そうした過去を考えると、今回500人近い人達から得た回答を分析して得られたデータというのは、大変貴重なものであると言えます。
最後にこの調査にあたった7人の学生がズラリと並び、発表会に足を運んで下さった方々に深々とお辞儀をして発表会は終わりました。約1時間を予定していましたが、実にテンポ良く、殆ど予定通りの時間に終えることが出来ました。厚木から1年生が3人も来てくれたのも、とても嬉しかったです。忙しい中時間を割いて聞きに来て下さった先生方にも、心から感謝です。素晴らしい聴衆がいて下さったことで、素晴らしい発表会になることが出来たのだと思います。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 7・ゼミ展, 三、四年生

7月16日・17日オープンキャンパスです!

7月16日・17日 は中野キャンパスでオープンキャンパスが開催されます!

16日(日)には、サウンドスタジオ・サウンドラボにて2年生の科目「演出」と3年生の科目「サウンド」のコラボレーションによる、実習を見学することができます。実施時間13:00〜16:00

「サウンド」はアニメーションの音や音楽を実際につくる授業を行っています。「演出I」は自分で選んだ短編の物語を朗読し、それに絵や音楽を付けて1本の作品を作るという課題に取り組んでいます。今回は2年生が自身で朗読し、3年生がサウンド機器の設備を使ってナレーションを録音するという実践的な内容です。

▲こちらがサウンドスタジオです。
ここにはアフレコやナレーション録り、音楽のレコーディングなどが出来る設備が揃っています。
また、最新のサラウンドシステムも備えられています。


学科の説明や、AO入試・課題についての説明、個別相談コーナー
授業課題作品展示、教員紹介、卒業制作作品上映、アニメーション作画体験、
在校生とお話できるコーナーなど
盛りだくさんの催しでご来場をお待ちしています。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 8・オープンキャンパス/入学希望, 9・イベント情報

アンケート調査・三善研究室

enquête前期三善ゼミでは恒例となったアンケート調査が、今年も7月8日の中野駅北口前広場で行われました。
昨年までは映像の「上手(かみて)と下手(しもて)」をテーマに調査を行ってきましたが、今年は初めて、「カットの順番を入れ替えるとどれ程印象に差を生じるか?」をテーマとした調査です。
学生は各自アンケート用の短いアニメーション映像を作り、それをiPadに入れて被験者に見て頂き、その後質問に答えて頂きます。
enquête7月7日(金)は中野キャンパス内での調査でしたので、相手は同じ大学の学生や職員さん達で、頼んで断られることは少なかったのですが、8日(土)は通りすがりの見ず知らずの人に声をかけてお願いするのですから、そう簡単にはいきません。次第に断られることを恐れ初め、手持ちぶさたに人並みを眺めているようになってしまいがちですが、そこからこそが乗り越える壁です。
enquête
学生たちは皆少々のことにはめげずに次の人に笑顔で声をかけ、貴重なデータ収集に全力で努めてくれました。
今年も昨年に引き続き、梅雨時とは思えない炎天下。叩くと急に冷たくなる「瞬間冷却剤」は、やはり大活躍でした。首筋に当てると効果覿面で、幸い学生たちは熱中症にならずに済みました。enquête
なお、この調査は正規に中野区からの後援を頂き、また中野警察署からもきちんと道路使用許可を頂いた上で行っています。
中野駅北口は、その先の中野ブロードウェイを通り抜けると「まんだらけ」中野店がある、ある意味アニメファンのメッカでもある街です。訪れる外国人観光客も多く、確かにこのところ年々外国人の姿を見る機会が増えているように感じます。
enquête今回アンケート調査に協力して下さった方の中にも、偶々中野の街を訪れた外国人の方たちも多くいました。今回私の研究室所属の学生も非常に多国籍で、外国語が話せる留学生が多くおりましたので、相手の方の喋れる言葉に合わせて、アンケートの質問項目をその場で通訳しながらの調査も多く行われました。そうした臨機応変な対応が出来る点では、学生たちの適応力を非常に頼もしく感じた一日でもありました。
中国語しか話せない方には、中国からの留学生が中国語に通訳し、英語が話せる(スペインなどからの)観光客へは英語が話せる留学生が通訳し、といううように適応していたのには、本当に感心しました。
後で聞いてみると、日本人はシャイなのでなかなか立ち止まって答えてくれないのに対し、同じように声をかけても外国人の方が答えてくれる確率が高いのだそうで、そうなると一目見て外国人と分かる相手に声をかけた方が余程効率が良かった訳です。
とにもかくにも、7日の中野キャンパスでは275人、8日の中野駅前では179人の皆様にご協力頂きました。この場を借りて、深く御礼申し上げます。どうもありがとうございました。
なお、この調査の分析結果は、今月末に中野キャンパスで発表会を行う予定です。
カテゴリー: 2・授業紹介, 三、四年生

同窓会長賞受賞

木船・城戸研究室4年生の阿部ゆめりさんと佐久間美須々さんが今年度の同窓会長賞を受賞しました。

アニメーション学科から選出された阿部さんと佐久間さんは、共作した昨年度の木船・城戸研究室のゼミ展ポスター作成やPRムービーほかの成果を認められての受賞となりました。

表彰式で受賞する阿部さん(右手前)佐久間さん(右奥)

同窓会長賞は、卒業生同窓会から今後の活躍を期待される現役学生に贈られる賞です。2人は現在4年生で卒業制作の真っ最中です。素敵な作品が完成することを期待しています!

阿部さんと佐久間さんが共作したゼミ展のポスターです。宇宙〜ビッグバン〜をテーマに、宇宙服の少女をメインビジュアルに据えて、アニメーションの無限の可能性と夢を詰め込んでいます。
このビジュアルを元にしてPRアニメーションが制作されました。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 5・受賞・上映報告, 三、四年生

デッサンとかデザインとか

アニメーション学科ではずっと作画をしたり、アニメーションを作っているわけではありません。
デッサンを学ぶ事もあるし、色彩について学ぶ事もあります。
絵を描く事は決してアニメーターになってほしいからというわけではないので、「アニメーターを目指していないからデッサンは要らない」と言われても困りますし、色彩もまた「背景美術や彩色は自分のやりたい事じゃない」で片付けるものではありません。
例えばもし監督(演出)を目指すのに視覚的なイメージがなかったら?。色のイメージがなかったら?。画面を見て構図の何がいいか悪いかの判断がつけられなかったら?
それらはネットや本を読んで得られる知識面だけで足りるのでしょうか?
そして、「描くの苦手なんです。」で終わらせていいのでしょうか?

絵が上手くなることや色彩感覚が身に付くことで損をする事は何もありません。 レイアウトを考えるのにも、コンテを描くにも、キャラデザを考えるのにも、様々な場で基礎的な力は大切になっていきます。「自分でやらない」つもりでも、相手に指示を出すために自分が理解出来ている事がものすごく大事です。

ところで1、2年生のデッサンや基礎技法、デザイン演習などの授業時間だけでデッサンや色彩の勉強はOKなのかと言えば、それだけでは足りません。学科では様々に学ばなければなりません。だから時間を捻出しながら自主的に勉強を続けていく事が求められます。食堂で休む学生仲間でも、電車内で立っている乗客(迷惑をかけないように!)でも、小さなクロッキー帳があれば数分で1枚描けると思います。

授業だけで済まそうと考えてしまえば、気がついたら「自分のストックが足りない!」 という事態に陥る事があります。しかし慌ててデッサンやクロッキーをやったところで、一朝一夕で手は慣れないし、上手くなれません。
かつては3、4年生がゼミ室で自主的にクロッキー会を開いているのを1、2年生も見る事が出来ました。ダブルキャンパスの今はそれが出来ませんが、下級生も仲間で集まって放課後に人物クロッキーをしあうような事をどんどんしてほしいです。描いたそれを教員に見せればきっとアドバイスをしてくれるはずです。
教室や先生はそうやって活用して下さい。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 2・授業紹介, 一年生

ダブルキャンパスに関して

先日オープンキャンパスが行なわれました。
そして各地方での学校相談会も行なわれ始めておりますが、芸術学部のダブルキャンパスに関して気になる話を耳にしたのでお知らせします。

本学芸術学部では、1、2年生が厚木キャンパス、3、4年生が中野キャンパスで学んでいます。
各説明会等でも来校、来場された方にはそのように伝えられていると思いますが、「近いうちに芸術学部全学年が中野キャンパスに移るという話をされた」とお話しになる方が複数名おられました。

大変申し訳ありませんが、率直に申し上げまして、そのような事実はございません。
中野キャンパスに移る事を見越して中野近辺に入学直後に住まれると、そこから本厚木までの通学は結構困難になります。中野キャンパスと厚木キャンパスは、電車、バスを利用して1時間以上かかる距離です。
あくまでも3年生になってから中野キャンパスで学ぶ事になりますので、この件につきましては充分ご注意下さい。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 8・オープンキャンパス/入学希望

ページの先頭に戻る