カテゴリー別アーカイブ: 5・受賞・上映報告

ICAF2017東京上映が終了しました。

東京工芸大学(アニメーション学科)が幹事校の1校を務める学生アニメーション映画祭、
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2017(ICAF2017)が9月18日に
東京での上映を終了しました。今後は各地方で巡回上映に移ります。

アニメーション学科の作品は17日に上映され、上映後は作者の登壇がありました。

作品の説明をする現在研究生(昨年度学部卒業)の服部さん。

服部さんの作品、「夢TV」

みんな今年の3月に卒業して様々に仕事をしていたりするので、会場に来られなかった卒業生もいましたが、4名の出品者と教員が壇上に上がりました。

そして全28校の作品を1作づつ集めた、観客賞対象の各校選抜プログラムに工芸大から選出されていた、コ・カさん(大学院修了)の作品、「コーヒータイム」が見事、観客賞2位を受賞しました。
かつて「コーヒーブレイク」を制作された古川タク名誉実行委員長より表彰されるコ・カさん。

受賞の感想を話すコ・カさん。
おめでとうございます!!

さらに、今回のICAFではメインビジュアルを卒業生の尾崎さんが担当しています。
メインビジュアルポスターを持つ尾崎さん。

ICAFの上映は終了しましたが、参加作品の詳細はこちらでご確認いただけます。
ICAF2017東京工芸大学

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告

同窓会長賞受賞

木船・城戸研究室4年生の阿部ゆめりさんと佐久間美須々さんが今年度の同窓会長賞を受賞しました。

アニメーション学科から選出された阿部さんと佐久間さんは、共作した昨年度の木船・城戸研究室のゼミ展ポスター作成やPRムービーほかの成果を認められての受賞となりました。

表彰式で受賞する阿部さん(右手前)佐久間さん(右奥)

同窓会長賞は、卒業生同窓会から今後の活躍を期待される現役学生に贈られる賞です。2人は現在4年生で卒業制作の真っ最中です。素敵な作品が完成することを期待しています!

阿部さんと佐久間さんが共作したゼミ展のポスターです。宇宙〜ビッグバン〜をテーマに、宇宙服の少女をメインビジュアルに据えて、アニメーションの無限の可能性と夢を詰め込んでいます。
このビジュアルを元にしてPRアニメーションが制作されました。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 5・受賞・上映報告, 三、四年生

TAAF2017「YOUNG POWER 2017」

Young Power 2017 本日3月12日、開催中のビッグイベント「東京アニメ アワード フェスティバル 2017」の中、若手クリエイターとして次世代のアニメーション業界を担う、学生達の作品を紹介するプログラム「YOUNG POWER 2017」が行われました。
上映されたのは、ICAF幹事校6校(女子美術大学・多摩美術大学・東京藝術大学・東京工芸大学・東京造形大学・武蔵野美術大学)から1作ずつです。

Rony Oren & Ash Brannon エルサレムのベツァルエル美術デザイン学院のアニメーション学部長を務めた著名なアニメーター、ロニー・オーレンさんと、ピクサーの「トイ・ストーリー」や「バグズ・ライフ」でお馴染みのアニメーター、アッシュ・ブラノンさんが登壇され、公開講評会という形式で行われました。

Hu Hua 東京工芸大学からは、この3月に大学院芸術学研究科アニメーションメディア領域を終了する胡華さんの修了作品「コーヒータイム」が上映されました。
この作品は、暖かい珈琲を味わう時のホッとする良い気分をアニメーションならではの自在に変化するイメージに託し、手描きのような柔らかい描線を活かして、現実の人の感覚同様にカット割りの無い映像表現で完成させた2Dアニメーション作品です。

Ash Brannon アッシュ・ブラノンさんは、「私自身がこの作品に乗っかって行きたい気分になりました。この作品は、最初のフレームからグラフィックやコンセプトを主に語るものであり、物語やキャラクターの演技を見せる作品ではないと即座に分かる、素晴らしい設定だと思います。また、コンピューターを使って作っているのに、デジタルを感じさせないところも素晴らしい。」と評して下さいました。

Rony Oren ロニー・オーレンさんは大きな身振り手振りを交えながら、「非常に美しく、良く出来た作品でした。始めのところで女の子が現れ、次第に大きくなっていく、その女の子のストーリーと感じました。自分としては、このストーリーの繋がりのヒントを与えてくれるもの、例えば女の子が両親とピクニックをしているとか、そういうシーンがあるともっと良かったと思います。」と語って下さいました。

Hu Hua 更にロニーさんは、「もしコーヒーでなく紅茶であれば、最初のシーンはカップに一杯入っているから濃い色で、最後は飲み干して残りが少なくなっているから明るい色、というような表現も出来たのではないか。」というアイディアも提供して下さいました。
6校を代表するそれぞれの作品に、アッシュさんもロニーさんも、とても丁寧に愛情に溢れたコメントをして下さいました。
会場には胡華さんと同じ研究室の後輩学生たちも応援に詰めかけていましたが、アッシュさんもロニーさんのコメントは、彼らにとっても非常に学ぶところの多いものだったと思います。
胡華さんは、きっととても緊張した一日だったと思いますが、今年を代表する作品の作者として、立派に堂々と自作を紹介してくれました。修了後の彼女の活躍にも、期待したいと思います。

カテゴリー: 5・受賞・上映報告, 其の他

卒業生の活躍!上映・コンペ受賞情報

卒業生の快挙が続きます!

今回は上映・コンペ受賞についての情報をお伝えします。

hakoniwa

2015年度卒業生の狩野洋典さんが制作した卒業制作
「ノアの◻︎庭 」が映画祭ICAF2016において観客賞の3位を受賞し、
さらにICAF2016セレクション上映として順次地方会場での上映が予定されています。

上映会場と日程は以下の通りです。

北海道上映 11/3(木)~6(日)会場:新千歳空港際アニメーション映画祭2016内
兵庫上映 11/11(金)12(土)会場:ブックカフェギャラリーQuiet Holiday
金沢上映 11/12(土)13(日)会場:金沢 21世紀美術館
京都上映 11/18(土)~20(日)会場:Lumen Gallery
広島上映 11/26(土)会場:横川シネマ
名古屋上映 11/27(日)会場:愛知芸術文化センター

その他詳細はICAFの情報サイトを御覧ください。www.icaf.info

ゆめみるシロ

続きまして、2014年度卒業生の武中敬吾さんと野本有紀さんが制作した卒業制作「ゆめみるシロ」がキネコ国際映画祭において 短編部門の日本作品賞を受賞し、109シネマズ二子玉川にて11/3(木)~11/6(日)の間で上映されます。

詳しいタイムテーブル等詳細はキネコ国際映画祭の情報サイトを御覧ください。works_2016_01.html

2014年度に制作された卒業制作が今でも様々なコンペで目にすることがあります。
学科で身につけた知識や経験を自ら発展させ、コンペや様々なメディアなど社会の中で 活躍をしている卒業生はこの他にも大勢います。

その様子を垣間見ることは学科の教員としとてもうれしい限りです。

カテゴリー: 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告

ICAF観客賞3位受賞

ICAF2016「学校選抜プログラム」観客投票による観客賞。狩野洋典くんの「ノアの□庭」が3位受賞となりました。

狩野洋典くんと指導の細川晋先生の喜びの2ショット

「ノアの□庭」狩野洋典

狩野くんは現在アニメーターとしてアニメーションクリエーターの道を歩み始めたフレッシュマン。
これを励みに良い仕事をしてもらえると良いですね。
学生生活は山あり谷ありであったものの、このフェスティバルで学生生活の集大成が沢山の観客から支持されたことは本人のみならず、つきっきりで指導してきた先生にとっても嬉しいもの。親になった気持ちで喜んでしまうのです。

本日のプログラム持ち込み上映の「とらのあな」でも、細川先生が指導する研究生の沼 嵩晃くんの作品
「BERRY SPECIAL!!」が
ゲスト講師に講評されている間、心配そうに見守る細川先生の姿がありました。

ICAF閉会式の最後は実行委員の先生方とスタッフの集合写真撮影


アニメーション学科の多くの在校生もスタッフに加わって働きました。
これをきっかけにその後社会で一緒にアニメーションの仕事をしている卒業生も見かけます。
他の学校の学生との交流もICAFの大きな役目と言えましょう。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 3・在学生の活動, 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告

ICAF2016開催中

ICAF2016

上映後、制作者(卒業生)が壇上に上がりコメントをしています。

今年も国立新美術館でICAF2016(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2016)
が開催されています。
ICAFとは、全国のアニメーションを学ぶ学生の作品を一挙に上映をする国内では最大の
学生アニメーション作品の映像祭です。
当学科は作品を出品することはもちろんのこと、この映画祭の運営にも携わっています。
(学生もスタッフとして会場で運営をサポートしてくれています。)

ICAF2016

各プログラム多くの方にご鑑賞いただいています。

工芸大アニメーション学科のプログラムは土曜日に終了しましたが、
本日日曜日までICAF2016は開催されています。

ICAF2016

国立新美術館3階の講堂でICAFは開催されています。

ご興味・お時間がある方は是非国立新美術館までおいでください!
また現在開催されている本大会は明日で終了いたしますが、順次地方会場でも上映を予定しています。
工芸大アニメーション学科の作品をスクリーンで見ることのできるよい機会ですので
そちらも合わせてよろしくお願いいたします。

詳しくはICAF公式サイトをご覧ください。

カテゴリー: 1・学科/学校紹介, 3・在学生の活動, 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告, 9・イベント情報, 其の他

ASK?映像祭2016

ASK?映像祭は、毎年東京・京橋のギャラリーASK?で開催されている映画祭です。
アニメーション学科としては、近年ではさとうちひろさんが大賞を受賞していますが、
今年度も現在研究生の沼嵩晃君の『BERRY SPECIAL!!』が入選しています。
また、古川タクゼミ卒業生有志によって制作された『Moving Colors』も同じく入選
しています。おめでとうございます。

上映は8.5(金) 〜 8.7(日) になります。
プログラム詳細はASK?映像祭2016の公式サイトからご覧下さい。

カテゴリー: 3・在学生の活動, 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告

第21回学生CGコンテスト 最優秀賞受賞&優秀賞受賞

1995年に始まった学生CGコンテスト(CGはコンピュータグラフィックスではなく『Campus Genius』
の略です)。
そして今回の第21回大会において、本学科を今春卒業した中島渉さんの卒業制作《EMIGRE》が
最優秀賞を受賞しました。中島さんの作品は、これまでも複数のコンペなどでノミネートや上映、
受賞をしています。
また武中敬吾さんと野本有紀さんの《ゆめみるシロ》も優秀賞を受賞しました。
3人ともおめでとうございます!!


Campus Genius Award PLATINUM(最優秀賞)《EMIGRE》中島 渉

Campus Genius Award GOLD(優秀賞)
《ゆめみるシロ》代表者:武中敬吾

カテゴリー: 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告

Atsugi Image Projection Award 受賞!

厚木市制60周年記念事業 Atsugi Image Projection Award 受賞!

最先端の映像技術を駆使したプロジェクションマッピングのコンテスト
「あつぎイメージ プロジェクション アワード」の審査発表、表彰式が11月8日に行われました。
最優秀賞に、アニメーション学科卒業生のさとうちひろさんと赤羽祐香さんのグループ
(グループ名:おもちドリンク)が選ばれました!!
おめでとうございます。

赤羽さんと佐藤さんは学生時代のゼミ活動でプロジェクションマッピングを経験してきました。今までた
ずさえた知識や経験が今回生きたと考えると、とても喜ばしいです。
また一般投票で決定するオーディエンス賞も「おもちドリンク」が受賞!見事ダブル受賞となりました。
大きな成果をこれからの活動にも多いに活かしてほしいです。
期待しています!

カテゴリー: 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告

観客賞2位受賞!インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2015

卒業生、武中敬吾さんと野本有紀さんの作品「ゆめみるシロ」が観客賞2位受賞!

国立新美術館で8月28日(木)~31日(月)まで開催されたインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2015。
参加校の選抜作品を上映するプログラムの観客投票によって決定される観客賞にアニメーション学科を3月に卒業した武中敬吾さんと野本有紀さんの作品「ゆめみるシロ」が2位を獲得し、最終日に授賞式が行われました。
プレゼンターは本学アニメーション学科の元教授で名誉実行委員長の古川タク氏。見てくださった方の投票による賞は潔くてとてもいい!そしてきちんと良い作品が選ばれていることは嬉しい限りとのお言葉でした。

多くの方に楽しんでもらいたいという思いで制作した作品が受賞できた喜びと、これからもふたりで作品を作っていきたいと抱負を語っていました。忙しい商業アニメーションの現場で仕事をしている二人ですが次回作に期待しましょう!

カテゴリー: 4・卒業生の活躍, 5・受賞・上映報告, 9・イベント情報, 其の他

ページの先頭に戻る