情報処理学会EC2017にてベストデモ賞を獲得

9/16(土)~9/18(月・祝)に仙台・東北大学電気通信研究所で行われた、情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会(SIG-EC)主催の学術カンファレンス「Entertainment Computing 2017」にて、ゲーム学科4年生のVRコンテンツ「Ideal Vacation」がベストデモ賞に選出されました。

Entertainment Computingはコンピュータをエンタテインメントに応用する研究に関する研究発表大会で、ゲーム学科からは2つの研究を発表しました。
原寛徳先生は、先日の日本デジタルゲーム学会で発表されたコントローラのアップバージョンを、「プレイヤーの気合を意識したコントローラ」という形でデモ発表しました。

4年生の沼崎優介君(企画分野・遠藤研究室)は、中垣孝太君(プログラム分野・今給黎研究室)、川島優暉君(デザイン分野・中島研究室)と共同で作成したVRコンテンツ「Ideal Vacation」を利用した研究「ライド型VRコンテンツのための筐体の触覚と座面の不安定性を利用したプレゼンス向上手法」を、鳴海拓志先生(東京大学)と共同で行い、結果を口頭発表しました。

これは昨年度に発表した「プレゼンスを意識したゲームデザイン」を発展させたもので、営業VRコンテンツの調査より体性刺激がプレゼンスの向上の効果的であることに注目したもので、エアマット上に構築された装置に搭乗する形になっています。既存コンテンツでは体性刺激はプレイヤーのエージェンシーを無視したものばかりなので、エージェンシーを維持したインタラクションを持つゲームデザインでまとめています。機械制御や電子制御では反応速度に致命的な遅れが生じるため、あえて制御を行わず、プレイヤーの動きに追従させるためにエアマットの空気圧を下げて、装置全体をフローティングさせました。

78件のデモ発表の中で、エンタテインメントとしてのVRの在り方に振り切った同作品は、どうしても体験したいという人も多く、各先生より活発な質問や懇親会でのディスカッションなどをいただき、有意義な発表となりました。

実際のデモ発表の様子はこちら
Ideal Vacation EC2017 デモ発表動画

カテゴリ:イベント情報・報告