神山大世、NYへ!

2年神山大世監督作品「君が笑ってくれるなら(英題”All For Your Smile”)」が”ALL AMERICAN HIGH SCHOOL FILM FESTIVAL”にて、来月8日上映されます!彼もNYへ行ってきます!上の写真のような感じになるでしょう。おや?なぜか山崎、上玉利、武田も一緒です!

https://www.hsfilmfest.com

カテゴリー: 学生の活動

ポスプロ!

映画領域3年も、ポスプロ始まりました!小峰先生が録音部と編集に手順をレクチャーします。

他のメンバーはポスプロのスケジューリングやタイトル撮影等の手順を決めて行きます。あ、ひとりフレームからはずれてしまった!

はただよ〜。

そして4年坂田も後輩たちの活動をホワイトボードから、暖かく見守っています。。。

カテゴリー: 授業紹介, 研究室活動

活躍する卒業生!

「ザ!世界仰天ニュース」ディレクター、西崎真奈さんは工芸大の授業で「中井正広のブラックバラエティ」の演出、佐藤修一氏の講義を聞き、制作会社「いまじん」に入社。極寒のロシアから灼熱砂漠まで飛び回り、ATP賞を受賞するなど、その活躍ぶりがいまじんHPで紹介されています!

http://www.imagine-inc.co.jp/special/road_to_d/nishizaki.html

カテゴリー: 卒業生の活動

ラッシュ!

撮影後、最初のラッシュです。撮ったままのロールを映写して見ました。

ラッシュの後、インからアップまで補佐としてついてもらった太田龍馬監督に今回の現場についてコメント&レクチャーしてもらいました。太田監督が学校に現れると、そこかしこで皆が口々に「おめでとう!」と賞賛の嵐が巻き起こります!正に「時の人」になっています!みんなブログやツイッターまめに見てくれてるんだなと、こちらも嬉しくなりました!

カテゴリー: 卒業生の活動, 授業紹介, 研究室活動

母なる言葉/岐阜撮影!

毎年恒例、岐阜の方言アーカイブ「母なる言葉」撮影しました!今回は東濃地方の森の中がメインです!

昔から良質の材木が採れ、伊勢神宮や名古屋城の建築に使われて来ました。今回は卒業生小針、星、3年の赤尾、佐藤のスタッフ編成で挑みました!沖田修一監督「キツツキと雨」のロケ現場でもあります。森の中はちょっとカメラポジションを変えるのも大変なので、劇映画の時はものすごく大変だっただろうなあと言い合いながら撮影しました。

木が豊富なので歌舞伎小屋がたくさん作られ、今も地歌舞伎が盛んに行われており、その歌舞伎役者さんや材木伐採の伝統的行事を継承する方々を取材しました。2日間とも天候に恵まれ、李先生のおかげで機材にも恵まれ、機材の量が多くて行き帰りの移動はたいへんでしたが、無事撮り終えました!皆さん、どうもありがとう!

カテゴリー: 卒業生の活動, 学生の活動, 教員の活動

グランプリ受賞!

あの48時間フィルムプロジェクトで、太田龍馬監督作品「わたしのまち」がグランプリを受賞しました!作品賞に加え、監督賞、観客賞のトリプル受賞です!すごい!ついにやりました!今後3月にパリ世界大会、これに勝ち抜くと5月のカンヌ映画祭へと進出します!

カテゴリー: 卒業生の活動

大映の撮影所!

この本読んでいて、大映の撮影所時代の様子が書いてあったのですが、大映では他の撮影所と違って、監督名で○○組という呼び方はしていなかったそうです。ということは「羅生門」の時も黒澤組とは呼ばれなかったのでしょうか?

カテゴリー: 教員の活動

撮影機材!

貸し出しに人を選ぶ山川管理の撮影機材、人気トップ3はレールドリー、BlackmagicVideoAssist4K、Vマウントバッテリー電源供給プレートです!ドリーは運搬用カートつきでロケ現場でのベース移動にも便利!ドリーはこないだも2年と4年で借りたい日が重なってしまいましたし、48時間の時は4KじゃないVideoAssist含めて全部稼働していました!

そして李先生の新規購入したリグも到着!早速機材センターの加藤さんに手伝ってもらい、5DやGH4をつけて組んでみました!Vマウントバッテリーつけないと前が重いのですが、良い感じです!大津先生、名手先生、百束先生の機材もそれぞれ貸し出し基準は異なりますので、直接確認してください。

カテゴリー: 学生の活動, 教員の活動

ナレ録り!

坂田組、ナレーション録り開始しました!デジタルで仮編集した映像を見ながら主人公の声を録音しています。通常は編集後録ることが多いのですが、全編ナレーションで進行する形式の映画なので、ナレーション入れた音素材も一緒にポジ編集します。

カテゴリー: 研究室活動

卒アル!

この前の3月に卒業した卒業アルバムができました!

4年生になると各研究室ごとに卒アル委員を選び、それぞれで写真を撮り、アイデアを練ってページをレイアウトします。ページごとにすごく個性的なものになっていて楽しい!

大津先生のところは皆が自分の好きなもの持ち寄って小物撮影したそうで、女子パワー全開ページになっています!他学科ではデザイン学科内山先生、ゲーム学科中島先生、マンガ学科よし先生の研究室のページがうけました!

今年は微妙に色が違います。

カテゴリー: 卒業生の活動, 教員の活動, 研究室活動

ページの先頭に戻る