数理・データサイエンス・AI教育プログラム 学生生活

 東京工芸大学では、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、適切に理解し、それを活用する基礎的な能力を育成すること、及び、分野に関わらず数理・データサイエンス・AIの導入により新たな価値を創出できることの理解を目的として、数理・データサイエンス・AI教育プログラムを設けています。

プログラムを通じて身に付けることのできる能力

当該プログラムを修了することで、次の能力を身に付けることが期待できます。

  • 数理・データサイエンス・AIを適切に理解し、活用する基礎的な能力
  • 分野に関わらず、数理・データサイエンス・AIの導入により新たな価値を創出できることの理解


修了要件と開設科目

修了要件は、下記の対象科目全てを修得することです(学部によって異なります)。なお、このプログラムは選択プログラムのため、進級・卒業には影響しません。

学修目標 対象科目 備考
社会で起きている変化
データ・AIの利活用の最新動向
知性と感性を学ぶ
社会で活用されているデータ
データ・AIの活用領域
知性と感性を学ぶ
データ・AI利活用のための技術
データ・AI利活用の現場
知性と感性を学ぶ
データ・AI利活用における留意事項
データを守るうえでの留意事項
知性と感性を学ぶ
データを読む
データを説明する
データを扱う
コンピュータ基礎 工学部修了要件
アートのための数学 芸術学部修了要件

プログラムの計画、自己点検評価等

数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル) 申請様式(PDF)