各種奨励費 学生生活

研究活動や生活を支援するための、さまざまな奨励費制度があります。

研究奨励費支給制度

この制度は、学部4年次生及び大学院生が学会等において、自分の研究発表等をする場合、本学後援会から学会参加費、宿泊費、交通費の一部を支給し、研究活動を奨励することを目的としています。

対象
  • 学部4年次生
  • 大学院生
支給基準
本人が主体となって行っている研究で、本人が発表を行う場合に限る。
年間で支給金額内であれば複数回申し込み可能。
支給金額

学部4年次生

2万円

大学院生

5万円

海外の会議における発表を含む場合は10万円

受付
学会発表の2週間前(海外の会議における発表を含む場合は1ヶ月前)までに学生課に申請し、仮許可を受けてください。

学生作品発表活動奨励費支給制度

この制度は、学部生および大学院生が、個人・グループ活動において制作した作品を学外または中野キャンパスで発表する場合、本学後援会基金により、その展示、展覧などにかかる費用の一部を支給し、学生の発表活動を奨励することを目的としています。

対象
  • 学部生
  • 大学院生
支給対象
  • 学展示場所借用料
  • 展示用品借用料
  • 作品運搬料(小荷物託送料に限る)
  • 告知印刷物制作料(DM、ポスター、フライヤーに限る)
支給基準
本人またはグループが制作した作品を制作者本人が学外で発表を行う場合。ただし、大学、後援会、学友会等から補助金が出ている場合は除く。年間に支給金額内(3万円)であれば複数回の申し込み可能。
支給金額

個人発表

年間3万円

グループ発表

  • 本学学生で構成されている場合は2名分の6万円を限度に支給
  • 本学学生と他校学生、一般人で構成されている場合は、展示場所借用料の支給は頭割りした1名分の額とし3万円を限度に、本学学生が2名以上参加している場合は6万円を限度に支給
受付
作品発表の2週間前までに学生課に申し込み、仮許可を受けてください。

学生短期貸付金制度

この制度は、大学生活を送る中で緊急にお金を必要とするような場合に、本学後援会の基金より学生に対して無利子の短期経済援助を行い、学生生活を支援することを目的としています。

対象
  • 学部生
  • 大学院生
貸付金額
原則として1万円以内
(但し、特別な事情の場合は3万円まで貸し付けることができる。)
返済期間
2ヶ月以内に全額返済
受付
学生課(学生証・印鑑持参)

主な貸し付け対象例
ex)学内でケガ、発病し、緊急に医療機関にかかるため。

理由によっては貸し付けができない場合があります。また、未連絡のまま返済期日を過ぎた場合は、保証人へ返済請求すると共に、今後当人への貸し付けは一切行いません。