就職・キャリア支援

本学では、学生への就職やキャリア支援だけではなく、入学当初から「教育」という形で学生の社会進出をサポートしています。1年次から4年次まで各学年に「キャリア教育科目」が設けられており、4年間かけて学生が社会に出て活動する基盤となる基礎的・汎用的能力を養っていきます。たとえば工学部では「プレゼンテーション演習」や「ロジカルライティング演習」など、特に理工系学生が不得意とする文章力やプレゼンテーション力を養っていく教育を、芸術学部では、「ポートフォリオ制作演習」「発想力演習」などクリエイター就職に有利に働く教育を行っています。

このような「キャリア教育」に加え、インターンシップやOB懇親会、個別面談や各種対策講座などあらゆる就職・キャリア支援環境が揃っているのも本学の特徴です。学部内の企業説明会では、工学部で600社以上、芸術学部で300社の企業をお招きしたり、企業と学生の出会いを手厚くサポートしています。

  • 工学部実就職率No.1への取り組み

    「実就職率」とは、大学院進学者を除く全卒業生の内、どれくらいの学生が就職できたかを表す指標の一つです。2017年には本学の実就職率は97.1%。全国の国公私立工学部の中で17位、関東地区で1位に輝きました。なぜ、高い実就職率を出すことができたのか。本学が学生向けに行っている実就職率No.1の取り組みをご紹介いたします。

    詳細を見る
  • キャリア・就職

    本学の就職・キャリア支援の根幹を担うのが4年間の「キャリア教育」です。各学年に「キャリア教育科目」を設け、社会に出て活躍する上で必要な基礎力、汎用力、コミュニケーションスキルなど社会人のベースとなる教育を4年間かけて行っています。

    詳細を見る
  • 就職支援について

    就職活動は、3年生後期から全国一斉に始まります。
    就職支援課では、学生の資質、能力を高め、それぞれの適性や希望、専門性を活かして、満足のいく就職が実現できるよう、丁寧かつ、親身なサポートを行なっております。

    詳細を見る
  • 資格取得・スキルアップ支援について

    東京工芸大学では、即戦力となる人材育成の一貫として、学生の資格取得のバックアップを積極的に行っております。
    通常よりも安く受講できるカレッジTOEICや、大学が推奨する資格及び検定の合格者への補助金支給など金銭面での補助だけではなく、資格取得のための対策講座など勉強面での補助も行っております。

    詳細を見る
  • 就職状況

    専門性だけではなく、ベースとなる基礎力、人としての多様性やコミュニケーションスキルをハイブリッドした教育により、本学の卒業生は実に多岐に渡る業種の企業・官公庁等に就職し活躍しております。卒業生がどのような企業・官公庁に就職し活躍しているかをご紹介いたします。

    詳細を見る
  • その他詳細情報