科目名 法学概論(日本国憲法)(Introduction to Law (Constitution of Japan))
担当教員 小林 幸夫
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 日本国憲法は何であり、何であったか、そしてこの憲法を通して現れている近代憲法の理念・原則・特徴は何なのかという問題関心により、日本国憲法の特徴と現在を明らかにする。
到達目標 日本国憲法の基本原則や、国会、内閣、裁判所の仕組みを理解し説明することができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1.日本国憲法の成立過程
2.天皇制(1)-国民主権と象徴天皇制
3.天皇制(2)-天皇の権能、皇位の継承
4.平和主義(1)-いろいろな憲法や条約における平和主義
5.平和主義(2)-第9条の戦争放棄、戦力不保持、交戦権否認
6.基本的人権(1)-人権宣言の歴史
7.基本的人権(2)-法の下の平等
8.基本的人権(3)-人権規定の内容(自由権を中心に)
9.基本的人権(4)-人権規定の内容(社会権を中心に)
10.国会(1)-二院制、国会の組織と機能
11.国会(2)-国会の活動
12.内閣(1)-議院内閣制
13.内閣(2)-組織と権限
14.裁判所-司法権の独立、裁判所の組織と権能
15.まとめと学力考査
履修上の注意 憲法をめぐるマスコミの話題及び日常的な出来事に関心をもつこと。 
準備学習(予習,復習について) 予習として、教科書の関連の章を要約し、自分なりにポイントを整理しておくこと。
復習として、教科書の各章末の課題を解いてみること。
        授業をふまえて、憲法の視点からいろいろな出来事について考えてみること。
試験方法 論述形式のペーパーテスト(教科書と自筆ノート持込み可)
成績評価方法 学力考査(90%)
レポート(10%)
教科書等 教科書:小林幸夫・吉田直正編著『日本国憲法入門』(玉川大学出版部)2592円
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201010.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}