科目名 環境の科学(Environmental Science)
担当教員 甲斐 雅裕
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 カリキュラムにより異なります。
開講区分 2018年度 後期
科目概要 様々な環境問題を解説し、過去の経緯と現在の状況を伝えます。これからの社会を生きていく中で、どのように環境と関わったらよいかを考察できるような授業を行います。
到達目標 いろいろな環境問題の原因と結果を説明できる。また、将来での環境に配慮した生活や行動は、どのようにしたらよいかを考えることができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画  1.ガイダンスと環境への意識
    /授業の説明、環境とは何か
 2.環境問題とはどういうものか
    /環境問題の概論、人類最初の環境問題
 3.水と環境問題
    /世界の水事情、水質浄化
 4.食料と環境問題
    /森林破壊と食料問題
 5.経済発展と環境問題
    /経済vs環境、足尾銅山鉱毒事件
 6.化学工業と環境問題
    /四大公害と現在の課題
 7.地球規模の環境問題1
    /オゾン層の破壊、北極圏の汚染他
 8.地球規模の環境問題2
    /地球温暖化の状況、対策
 9.エネルギーと環境問題1
   /原子力発電をどう考えたらよいか
10.エネルギーと環境問題2
   /太陽光発電など再生可能エネルギーの紹介
11.生物と環境問題
   /生物、微生物の活用、バイオマス
12.戦争と環境問題
   /毒ガス、枯れ葉剤、劣化ウラン弾
13.ゴミと環境問題
   /廃棄物の汚染、リサイクルの課題
14.生活の中での環境問題
   /アスベスト、シックハウス症候群他
15.環境にやさしい生活とは
   /ロハス、エシカル、エコビレッジ、まとめ
履修上の注意 ・出席は、チャイム直後にとり始めます。
準備学習(予習,復習について) ・授業前は、テレビニュースを見たり、新聞、インターネットのニュースを読んでください。(毎週、授業時間と同じ時間くらい)
・授業後は、授業で配布されたプリントをよく読んで理解してください。授業後も、テレビニュースを見たり、新聞、インターネットのニュースを読んでください。
・授業期間終了までには、授業時間と同じ時間をかけるぐらい資料、文献をよく読んでから、期末レポートを作成してください。
試験方法 ・提出するレポートは1通です。決められた締切日までに提出してください。
・試験は行いません。
成績評価方法 以下の割合で総合評価します。
・平常点(出席率を含む):40%
・授業中に出す課題:20%
・期末レポート:40%
※平常点と課題で60点に達していても、期末レポートが提出されていなければ、単位を与えません。
教科書等 ・教科書は指定しません。
・毎回の授業で、テーマに沿った参考書を紹介します。
・毎回、授業の資料を印刷して、配布します。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201080.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}