科目名 形の科学(Science of Form)
担当教員 牟田 淳
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 カリキュラムにより異なります。
開講区分 2018年度 後期
科目概要 比率、シンメトリー、フラクタル、カオス、メビウスの輪など、さまざまな数学と形に潜む数学・自然科学を学ぶ。
到達目標 科学、特に自然科学、数学の立場からさまざまな形に潜む科学を理解し、説明できる。
授業内容 この授業は芸術学部学生向けの授業です。

アーティストには表現力や感性が必要である。しかし、美しい「雪の結晶」には感性も表現力もない。何故、感性も表現力もない自然が美しい形を作り出すことができるのだろうか?

実のところ、自然の美の法則の中には数学が潜んでいる事が多い。一番有名なものは黄金比であろう。他にもシンメトリーとか、美しいものの中には何らかの数学が秘められていることが多い。

人類はこれら美の法則に潜む数学を芸術作品の中に埋め込んできた。美しいスペインのアルハンブラ宮殿やピラミッドの形、パルテノン神殿など。ダヴィンチも黄金比などを使って芸術作品を作ってきた。

この授業では、芸術の世界で現れる様々な数学を紹介していく。美しい形の中にどんな数学が隠れているか、探してみよう。これらの授業は全て文科生向けに作られており、ほとんど数式はないので、安心して受講してほしい。
 
授業内容はこの授業をもとに作られた本、「デザインのための数学」 牟田淳著 オーム社 からより詳しく知ることができる(図書館にあり)。
授業計画
第0部 序章
 1. ガイダンス
 2. デザインは自然が一番美しい(序章:教科書の章、以下同じ)


第1部 黄金比と比率
 3. 美しいバランスの黄金比(1賞)
 4. らせんとデザイン(2章)
 5. 規則性のデザイン(3章)
 6. 白銀比とキャラクター
  -ドラえもんなどの人気キャラクターに隠されたひみつとは-(4章)
 7. 美術品と比率(5章)
 8. 比率と加工-カワイイ雰囲気は作れる?-(6章)


第2部 色々な数学と形
 9. かたちと設計(7章)


第3部 シンメトリー
 10. シンメトリーのデザイン-雪の結晶や桜の花が美しいわけ-(8章)
11. 繰り返し模様のデザイン(11章)
 12. エッシャー風連続模様を作ろう!(12章)
 13. パターンの見つけ方(9章)
 14. 動きのデザイン(10章)

 15. 機能的な形
履修上の注意 この授業は芸術学部学生向けの授業です。
準備学習(予習,復習について) 授業の前に教科書のとびらの文章とルーブリックを読んでおいてください。

授業の後はルーブリックの問に答えられるよう教科書等で復習するとよく身につきます。
試験方法 試験はありません
成績評価方法 【成績評価方法】
欠席回数が授業回数の1/3を超えない事を前提として以下の配分で成績をつけます。

1. レポート:70点
2. 出席管理システムに出席登録したうえで授業中課題:30点


【試験方法】
試験はなし
教科書等 教科書:『デザインのための数学』、牟田淳著、オーム社 (この授業をもとに作られた本) 2200円+税
備考 参考書 
1. アートを生みだす七つの数学(牟田淳著、オーム社)(2013)、2000円+税
2. 「美しい顔」とはどんな顔か: 自然物から人工物まで、美しい形を科学する (DOJIN選書) (牟田淳著、化学同人)(2013)、1600円+税
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201100.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}