科目名 上級英語I(Advanced English I)
担当教員 鈴木 万里
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期~後期
科目概要 中級レベルの英語力を有する学生を対象として、その英語力をさらに高めるとともに、さまざまな場面で対応できる運用力を習得する。そのために「書く」訓練(前期)と「読む」訓練(後期)を中心に行う。
到達目標 新聞・雑誌・インターネットなどの英語情報を、正確かつ迅速に読解することができる。また、英文法の基礎を理解し、それを用いて英文を作成することができる。
授業内容 英文を書く練習と読む練習を中心にする。前期は映画 Charadeを使って、書く練習およびプレゼンテーション原稿を作成する。後期は評論文の読解および要約をまとめる練習を繰り返す。
授業計画 【前期】
1.ガイダンス
2.Charade (1)
3.Charade (2)
4.Charade (3)
5.Charade (4)
6.Charade (5)
7.Charade (6)
8.Charade (7)
9.Charade (8)
10. Charade (9)
11. Charade (10)
12.プレゼンテーション原稿作成
13.プレゼンテーション原稿作成
14.プレゼンテーション原稿作成
15.プレゼンテーション
16.前期試験

【後期】
1.前期試験のフィードバック、復習
2.評論文を読む(1)
3.    〃    (2)
4.    〃    (3)
5.内容を英語で要約する(添削して返却)
6.評論文を読む(4)
7.    〃    (5)
8.    〃    (6)
9.内容を英語で要約する(添削して返却)
10.評論文を読む(7)
11.   〃    (8)
12.   〃    (9)
13.内容を英語で要約する(添削して返却)
14.評論文に対する意見を英語でまとめる(添削して返却)
15.   〃       
16.後期試験
履修上の注意 中級レベルの英語が中心となるので、「英語基礎」を履修している学生は履修できません。
将来、留学したい、または海外で仕事をしたいと考えている学生は、特に読解力の向上が求められます。
準備学習(予習,復習について) 前期は復習、後期は予習が必要。読解力をつけるには、あらかじめテクストを読んでおおよその意味を理解し、疑問点を把握しておくこと。わからない箇所の正しい意味を授業中に確認することを繰り返していけば、英語力をさらに向上させることができます。
試験方法 前期、後期に試験を実施します。また、前期最後に行うプレゼンテーションも試験の一部とします。
成績評価方法 前期、後期試験、プレゼンテーション、および、授業での積極性、提出物などにより、総合的に評価します。
教科書等 前期に使用する教科書は、『Charade』 開文社(曽根田憲三ほか編注) 1,800円+税
後期は印刷物を配布する予定。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201350.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}