科目名 ドイツ語I(German I)
担当教員 鈴木 賢子
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期~後期
科目概要 ドイツ語を初めて学ぶ学生を対象として、ドイツ語の基礎を学ぶ。また、ドイツ語圏の文化に触れながらドイツ語の世界に親しんでいく。
到達目標 ドイツ語の初級文法を習得し、簡単な文章を読むことができる。また、簡単な日常会話を行うことができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 【前期】
1) ガイダンス ドイツ語のあいさつ
2) ドイツ語のABC
3) 発音の練習
4) あいさつと曜日、月の表現
5) 人称代名詞と動詞の現在人称変化
6) 自己紹介
7) 名詞の性、冠詞、格
8) ドイツ語の歌
9) 不規則動詞の現在人称変化、命令形
10)ドイツの映画
11)名詞の複数形、定冠詞類、不定冠詞類
12)「~はいくらですか?」買い物をする
13) 前置詞の格支配(1)
14) 総合演習
15) 前期のまとめと試験

【後期】
1) 前期試験の答え合わせ、前置詞の格支配(2)
2) 従属の接続詞と副文
3) 「~はどこにありますか?」位置を表す前置詞の使い方
4) 話法の助動詞
5) 分離動詞
6) ドイツ語圏の文化遺産
7) 形容詞の格変化
8) zu不定詞(句)
9 ) ドイツ語文化圏の食習慣
10) 動詞の3基本形、現在完了
11) 「何をしたの?」現在完了形の使い方
12) ドイツ語のオペラ
13) 試験の準備
14) 総合演習ならびに試験
15) 答え合わせと後期のまとめ
履修上の注意 練習問題が課されるので、必ず解答を準備すること。
授業中、スマホや携帯、PCの使用を禁止する。守れないものには単位を認定しない。
準備学習(予習,復習について) 提出物は評価の対象になるので、必ず提出する。
試験方法 期末試験(前期後期両方とも試験を受けることが単位認定の条件となる。)
成績評価方法 ・期末試験 50%(前期後期両方とも試験を受けることが単位認定の条件となる。)
・出席、練習問題への解答、課題提出を含む、授業への積極的参加 50%
・出席日数が3分の2に満たない場合は単位認定をしない。
教科書等 『クロイツング・ネオ』 朝日出版社 (本体2,500円+税)

備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201360.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}