科目名 韓国語I(Korean I)
担当教員 崔 柄珠
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期~後期
科目概要 韓国語を初めて学ぶ学生を対象として、韓国語の基礎を学ぶ。また、韓国文化に触れながら韓国語の世界に親しんでいく。
到達目標 韓国語の初級文法を習得するとともに、ハングル文字の基本的な読み書きができる。また、韓国語の簡単な文章を読むことができ、簡単な日常会話を行うことができる。
授業内容 本講義は、「話す」、「聞く」、「書く」、「読む」の四機能をバランスよく学習し、「コミュニケーション中心の韓国語」の習得を目指す。具体的には、ハングル文字の正確な読み書き、さらに会話の定型文を確実に定着させることで簡単な自己紹介を行うようになることを目指す。その成果として、学期末には、筆記テスト共に「自己紹介」と「趣味」というテーマで会話のプレゼンテーションを行う。
授業計画 (1)  ハングルの構造
(2)  母音字と発音
(3)  子音字と発音
(4)  パッチム(終声)
(5)  パッチム(終声)
(6)  発音規則:連音化、hの弱音化
(7)  発音規則:濃音化、鼻音化                                      
(8)  発音規則:激音化、口蓋音化
(9)  発音規則:流音化、リウルの鼻音化
(10) 名詞文(~です/ですか)、助詞:~は
(11) 第5課のまとめ:会話表現と練習問題
(12) 名詞文の否定、助詞:~が、~も
(13) 第6課のまとめ:会話表現と練習問題
(14) 総まとめ
(15) これまでの復習
(16) 用言文:~です・ます
(17) 助詞:~で(場所、手段)、~を、~に、用言文の否定
(18) 第7課のまとめ:会話表現と練習問題
(19) 指示代名詞:この、その......、漢数詞:一、二、三......
(20) 用言文:~ですよ/ますよ
(21) 第8課のまとめ:会話表現と練習問題
(22) 韓国映画鑑賞
(23) 用言文の短縮形
(24) 固有数詞:一つ、二つ、三つ.....、時刻
(25) 第9課のまとめ:会話表現と練習問題 
(26) ~てください
(27) 助詞:~に、~から、逆接:~だが 
(28) 第10課のまとめ:会話表現と練習問題
(29) 総まとめ 
(30) 韓国文化を知る
履修上の注意 【履修上の注意】 
・韓国語が母国語の学生は受講できない。
・授業の理解度を高めるために教科書と並行してパワーポイントを使用。
・能動的な授業参加を重視・評価する。
準備学習(予習,復習について) 【準備学習(予習、復習)】
・毎回、復習・予習の部分を指示する。
・復習・予習とも、会話表現に重点を置く。
・各回の授業内容のCDを聴いて授業に参加する。 
試験方法 【試験方法】
(1)各課の会話文のプレゼンテーション:ミニテスト
(2)会話のプレゼンテーション:前期「自己紹介」、後期「趣味」
(3)期末筆記テスト:前期・後期とも、翻訳(日本語⇔韓国語)、文法事項など。  
成績評価方法 【成績評価方法】
(1)授業参加度
(2)会話プレゼンテーション
(3)期末テスト
教科書等 【教科書】
(1)崔柄珠著『おはよう韓国語1』(朝日出版社)、定価(本体2400円+税)
(2)配布資料あり
備考 韓国語が母国語の学生は受講できません。
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201640.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}