科目名 色彩学(Color Science)
担当教員 筒井 亜湖
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要   色は造形表現の重要な媒体であるが、科学的研究の蓄積も多く、近年急速に進歩している。色彩学では、心理学に力点を置きながら色彩科学を概説する。したがって、美術制作とは異なった視点からのアプローチになるが、色彩体験の忠実な観察、体系的な理解という意味では、表現者と共通するところがあると気づいてほしい。
  本講では "なぜ色が見えるのか"というトピックを中心に、我々はどのようにして外界にある色情報を獲得し、処理し、利用しているのかといった色経験の基礎を学んでもらうことで、普段見慣れている「色」というものが何であるかを熟考してもらいたい。
  また、色経験の基礎を学ぶことで理解することが可能となる、色を厳密に表記する方法(表色系)についても学習する。
到達目標 どのように私たちが色を経験しているのかについての理解と、色を厳密に表記するためのさまざまな体系を習得する。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1 色とは何か
2 色の役割
3 色の基本属性(知覚的三属性)
4 光と色1 電磁波と可視波長
5 光と色2 分光分布
6 知覚系と色1 眼球の仕組み
7 知覚系と色2 視細胞の機能分化
8 知覚系と色3 色覚理論
9 混色の原理 加法混色・減法混色
10 表色系1 混色系:等色とCIE表色系
11 表色系2 顕色系①:マンセルシステム
12 表色系3 顕色系②:NCS/PCCS
13 表色系4 ことばによる色の表記
14 色と認知1 色のカテゴリ知覚
15 色と認知2 基本色彩語仮説
履修上の注意 講義に参加しながら “色とは何か”を考えてみて欲しい。
準備学習(予習,復習について) 気が向いたときに身の回りの色に関心を向ける時間を作ること。5分程度。
試験方法 筆記試験
成績評価方法 試験成績による。 2/3は出席すること。
教科書等 教科書:近江源太郎 著 『カラーコーディネーターのための色彩心理入門』 日本色研事業 (株)
1,900円+税
ISBN-10: 4901355198
基本的には教科書がなくても受講できるように授業を構成するため、購入は任意だが、購入を強く推奨する。
その他、参考資料として授業内で使用するスライドをweb上で公開する。
https://tsutsuiako.wordpress.com/
備考 色彩学は基礎的な内容で構成されている。より深い理解のために、もし可能であれば色に関わる応用的なトピックを扱う【色彩構成論】を合わせて受講することを推奨する。

ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201800.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}