科目名 日本・東洋美術史A(History of Oriental and Japanese Art A)
担当教員 中村 ひの
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 近世以前の日本・東洋美術を対象とし、さまざまな芸術作品とその背景を概観する。その独特の美意識や文化の深層を探るとともに、現代社会とどのような関わりを持つかについて学ぶ。 
到達目標 近世以前の日本・東洋美術の流れを説明できる。また、学んだ知識を自己の研究や芸術表現において活用することができる。 
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 授業計画:
1.ガイダンス 日本・東洋の美術史ー授業で取り扱う範囲と美術史について
2.日本美術のあけぼの―先史 縄文時代から弥生時代の美術
3.ムラから国家へ―祭祀の美術 弥生末から古墳時代まで
4.仏教伝来と美術Ⅰ―伽藍と仏像の造営
5.仏教伝来と美術Ⅱ―仏教と宮廷の絵と画
6.国家事業と美術Ⅰ―正倉院宝物の表現と国際性 
7.国家事業と美術Ⅱー鎮護国家思想と密教
8.王朝文学と「やまと絵」の萌芽
9.往生への希求と造形―来迎の美術 
10.院政期の美術―似絵と絵巻
11.武士の登場―文化の享受者として
12.鎌倉仏教と美術―信仰とそのかたち
13.禅の隆盛と美術ー頂相と水墨画
14.屏風と障壁画ー空間を装飾する絵画
15.おとぎ草子の美術―手の中で鑑賞する物語
履修上の注意 全15回のうち三分の二以上の出席、学期末課題レポートの提出を求める。
準備学習(予習,復習について) ごく基本的な日本史の概略については把握しているものとして授業を行う。各回特段の準備は必要ないが、取りあげる作品を実際に目にする機会を持つよう心がけることが望ましい。復習については、配布するレジュメ内容について確認し、必要を感じればさらに文献などを活用し自ら調べる姿勢を心がけて欲しい。
試験方法 学期末に課題レポートの提出を求める。課題は授業に関連する内容とし、詳細は授業内で伝える。
成績評価方法 出席状況を含む授業態度と課題レポートの内容をそれぞれ評価対象とし、総合的に判断する。課題レポートに関しては、インターネット上の公開物を含む他者の文章を大部分に転用する等、レポート作成に取組む姿勢・意欲が著しく希薄と判断される場合、減点対象となる。
教科書等 特に指定しない。各回の最初に配布するレジュメに沿って授業を行う。参考文献として『増補新装 カラー版 日本美術史』(監修:辻惟雄、出版:美術出版社、2003年、1,900円+税)等の概論書や全集などを各自活用すること。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201820.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}