科目名 日本語表現法B(Japanese Literacy B)
担当教員 小田 珠生
単位数 1
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 「書く」ことの基本的な約束事を確認しながら、日本語で「書くスキル」を育成するため実践的な演習を行う。
到達目標 様々な「書く」場面において、要求されている内容を理解し、一定の書式に基づいた文章を書くことができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1.ガイダンス<履修にあたって>
2.文章作成の基本
3.アウトラインの作成
4.正確な表記
5.わかりやすい表現
6.レポートの作成
7.社内文書の基本フォーマット
8.社内文書の作成
9.社外文書の標準フォーム
10.社外文書の作成
11.ビジネスシーンで書く
12.押印の基礎知識
13.一般常識としてのビジネスマナー
14.まとめにかえて
15.より進んだ学習のために
履修上の注意 毎回、教科書の一部を切り取って提出する仕組みになっています。そのため、指定の教科書を必ず購入すること。初回のガイダンスでそのことについて説明しますので、必ず出席してください。また、どの授業もそうですが、遅刻・欠席厳禁です。
準備学習(予習,復習について) 予習は特に必要ありません。各自で30分程度を目安に復習してください。
試験方法 試験は行いません。以下の方法で評価します。
成績評価方法 100点満点とし、以下の配分で評価点を算出します。
1. 授業内課題(50%)
2. 受講状況(50%)
欠席が3分の1以上の場合、評価不可とします。
なお、授業のつど自己採点を原則として解答解説を行う予定です。
記述式の場合例外的に解答例を持ち帰ることがあります。
教科書等 髙木聖著 『ライティング入門』 
大学図書出版 本体1400円+税(生協取扱)
教材のため一般の流通ルートにはのりません。
そのため生協で所定の教科書販売期間に購入してください。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201860.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}