科目名 メディア演習B(Seminar in Art and Communication Media B)
担当教員 小松 修
単位数 1
授業区分 選択
年次配当 カリキュラムにより異なります。
開講区分 2018年度 前期
科目概要 Photoshop、Illustratorの応用的な使用方法を学ぶ。もしくはAnimateの基本的なプログラミングを学ぶ。
到達目標 Photoshop、Illustratorの応用的な操作を理解し、作品制作(画像)に活用できる。もしくはAnimateの基本的な操作を理解し、作品制作(動画)に活用できる。
授業内容 パソコンおよび画像処理ソフトPhotoshop、Illustratorの初歩的な使い方から始め、さらに応用編として、一歩踏み込んだPhotoshop、Illustratorの実際的な作品制作、加工、編集の方法を学ぶ。画像処理作業には欠かせないペンタブレットの使い方、効果も習得する。
授業計画 1.イラストレーター(パスの基本・ペンツールの使い方)
2.イラストレーター(トレースとパスの分割・塗り分け・ライブペイント)
3.イラストレーター(トレースと立体的なイラスト)
4.イラストレーター(グラデーションの使い方)
5.イラストレーター(地図の描き方)
6.イラストレーター(DMはがき印刷用レイアウト プラン作り・素材制作)
7.イラストレーター(DMはがき印刷用レイアウト 印刷原稿制作)
8.フォトショップ(写真の修正、色調補正)
9.フォトショップ(各種ブラシの使い方)
10.フォトショップ(選択テクニック)
11.フォトショップ(画像合成・消去)
12.フォトショップ(画像合成・テクスチュア適用)
13.フォトショップ(立体的なロゴ作成)
14.最終課題 イラストレーター、フォトショップを使ったポスター(プラン作り・素材制作)
15.最終課題 イラストレーター、フォトショップを使ったポスター(印刷原稿制作)提出
履修上の注意 photoshop、illustratorの基礎編及び応用編の演習なので、パソコンの基礎的な扱いに慣れていることが望ましい。

演習授業では授業の前半に課題の説明があるため、遅刻、欠席をしない。
PC演習室を使うので、アカウント・パスワードの情報を必ず持参すること。
準備学習(予習,復習について) 勉強したことは、自習室パソコンを使って自分のスキルになるまで習得しておくこと。
授業時間内に完成まで至らなかった課題は次回までに完成させておく。
毎回のプリントはファイルに整理して毎回持参すること。
試験方法 演習なので試験は実施しない。
成績評価方法 イラストレーター、フォトショップを使用した、毎回の小課題点とまとめの最終課題点、および平常点を併せて評価する。
教科書等 教科書は使用しない。
随時プリントを配布し、Delivery Diskにもプリント内容をアップしておくので参照できる。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201880.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}