科目名 メディア演習C(Seminar in Art and Communication Media C)
担当教員 小松 修
単位数 1
授業区分 選択
年次配当 カリキュラムにより異なります。
開講区分 2018年度 後期
科目概要 After Effects、Animateなどを用いて、動画の作成方法について学ぶ。
到達目標 After EffectsもしくはAnimateの基本から応用的な操作を理解し、作品制作(動画)に活用できる。
授業内容 Animate(以前のFlash)の基礎的な使い方を習得し、Webアニメーション作成、インタラクティブデザインツールとして生かせるようなスキルを身につける。主にオリジナルイラストを描き、アクションスクリプトを使ってアニメーションを作成するAnimate基礎編の演習。ペンタブレットの使い方にも習熟してもらう。毎回の課題は演習室のサーバーへデータを送って提出となるので、ファイル転送ソフト(FFFTP)の扱い方も覚える。
授業計画 1. Animateの概要(パブリッシュ(出力)とサーバーへのアップ)
2.イラスト制作(各種描画ツール、パネルなどの使い方)
3. 基本機能(パラパラアニメ作成)
4. グラデーションツールの使い方
5. トゥイーンアニメの作り方(シンボルとインスタンス)
6. シンボル内アニメ(ボール)イージング
7. シンボル内アニメ(羽ばたく鳥)
8. テキストの加工、アニメーション、シェイプトゥイーン
9. マスクの使い方
10. ボーンツールの使い方1
11. ボーンツールの使い方2
12. アクションスクリプト1(ボタンの作り方・ページへの移動)
13. アクションスクリプト2(ムービークリップ制御)
14. 最終課題 Animate Webページ作成(プラン作り、素材制作)
15. 最終課題 Animate Webページ作成、サーバーへアップ、確認
履修上の注意 演習なので授業前半に課題の説明があるため、遅刻、欠席をしないこと。
準備学習(予習,復習について) 勉強したことは、自習室パソコンを用いて自分のスキルになるまで習得しておくこと。 
課題プリントはファイルに整理して毎回持参すること。
試験方法 演習なので試験は実施しない
成績評価方法 Animateを使用した毎回の小課題とまとめの最終課題の点、平常点、出席を総合的に評価する。
教科書等 教科書は使用しない。プリントを配布し、デリバリーディスクでもプリントを参照できる。 
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201890.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}