科目名 基礎デッサン(Basic Drawing Skills)
担当教員 片岡 紗貴子
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 初めてデッサンに取り組む者、多少の経験者を対象として、デッサンの基礎を学ぶ。
到達目標 光と陰の現象、パースを理解した冷静な描写ができる。また、構造や骨格を把握し、表面的に見るだけでは到達出来ないそのものらしさを表現できる。 
授業内容 画用紙に鉛筆で描く。画材の使い方や表現のトレーニングを行った後、基礎的なモチーフから複雑なモチーフへとステップアップする。作品を履修者同士並べて鑑賞し、意見を述べ合う。
授業計画 1. ガイダンス、画材の説明
2. 課題1色面を作る(鉛筆に慣れる)
3. 課題2名画を模写する(かたちの違いを見つける)
4. 課題2名画を模写する(明暗での描写に慣れる)
5. 課題2名画を模写する(写実表現に慣れる)
6. 課題3立方体1個を描く(正確に描く)
7. 課題4卓上のモチーフ1(ボリューム感を表現する)
8. 課題4卓上のモチーフ1(構造を意識する)
9. 課題4卓上のモチーフ1(質感を表現する)
10. 課題5地面を描く(距離感を意識する)
11. 課題5地面を描く(繰り返し修正する)
12. 課題5地面を描く(完成度を高める)
13. 課題6手を描く(構図・ポーズを考える)
14. 課題6手を描く(プロポーションを意識する)
15. 課題6手を描く(骨格・構造を意識する)

※進度により変更する場合がある
履修上の注意 ●履修上の注意
ガイダンスで説明する画材を各自で準備すること。
履修制限があり(50名)、希望者多数の場合は先着順になる。
準備学習(予習,復習について) 授業時間内に完成しない際は授業時間外で完成させ提出してもらう場合がある。
試験方法 試験なし
成績評価方法 成績は提出作品と制作の途中経過の内容の総合点によって評価する。
提出作品点75% 制作途中点25%
教科書等 授業内で配布(無料)
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/201900.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}