科目名 プレゼンテーション基礎演習B(Basic Presentation Skill B)
担当教員 神野 文子
単位数 1
授業区分 選択
年次配当 2
開講区分 2018年度 前期
科目概要 グローバル化、情報化の中で、ビジネス関連だけでなくあらゆる分野でプレゼンテーション能力は必要である。就職活動や社会に出て、自分の考えや作品の良さをしっかり相手に伝えるために必要なプレゼンテーションの基本理論と実践を学ぶ。なお、本科目では「個人発表」が中心となる。
到達目標 相手に伝わるプレゼンテーションの理論を理解するとともに、そのための基本的スキルを習得し、効果的なプレゼンテーションを実践できる。
授業内容 基本理論の講義、演習、発表、発表の振り返り、それを生かし次の発表。
授業計画 1ガイダンス、プレゼンテーションとは
2コミュニケーションについて
3話す目的について考える
4聞き手の分析、データ収集
5構成を考える
6プレゼンテーション発表会1
7表現技術と話し方
8会場設営、プレゼンテーション・ツール
9非言語表現の力、提示資料
10レジュメ作成法、質疑応答のための準備
11プレゼンテーション発表会2
12プレゼンテーション発表会2
13プレゼンテーション発表会2
14プレゼンテーション発表会2
15まとめ
履修上の注意 履修制限科目(40人)。事前登録方法については別途指示する。
準備学習(予習,復習について) 2回のプレゼンテーション発表会の前には、視覚資料の作成や発表のリハーサルなど準備が必要。
試験方法 プレゼンテーション発表会での発表を実技試験とする。筆記試験は行わない。
成績評価方法 2回のプレゼンテーション発表会での実技、提出課題、演習への積極的取り組みなどを総合的に評価する。
出席が2/3に満たない場合は、単位認定をしない。


教科書等 教科書:福井有監修 大島武編著『プレゼンテーション概論』
樹村房 1、900円+税
配布資料:あり
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/202550.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}